2010年05月21日

昇華について

人は死んだらどうなるの?

難しい問題だと思います。

@人は必ず死ぬ。
A(基本的に)死んだ先のことを見てきた人がいない。


この理由ゆえに、「確実な答え」が出たことはなかったし、
しかし「問題にしない人」はいなかったと考えます。

あなたは死んだらどうなると思われますか?

ネットで、とある方の、以下の様な意見を発見しました。
...つまり私の結論は、ほとんどの人が死ねばすべてが失われると考えているわけではなく、来世やあの世になんらかの期待(金でない利益)をしているということです。みな無意識のうちに、そうやってまっとうに生きることへの見返りを期待しているのですよ。だから、死ねば何もなくなるというのは詭弁です。死後の世界があるかないかは私にはわかりませんが、世界の圧倒的な人々が死後を恐れ、期待しているのですよ。...

人は死んだらどうなる?での、ANo.4「shubal」様の回答より引用 by OKWave


面白い意見だと思います。考え深い。「多くの人は、死後の世界を意識して生きていると、いう見方をしている。”死後の見返り”がないと、善意や無償の説明ができない」といわれるのでしょうか。

個人的には、ある面、多くの人が納得する答えではないかと考えます。私自身、教会に出会う前、その様に考えていたんだともおもいます。

(でも、無償や善意の行動、については本心が無条件で欲するものであると今は思っています)

極端な意見を引用いたしましたが、つまり、死後の世界は(誰もが認める様な)証明はされていないものの、(誰もが)なんとなく実在を信じているということは多くの人の認識ではないかと思います。

多くの人が漠然と感じているように、生きてきた生前の人生が、「死後の世界」に反映される。

統一教会(統一原理)では、さらに具体的に、「死後、どこに向かうかは、生前作り上げてきた自らの魂が自らの意思で選択する」といっております。

霊界に行けば、「自らの魂(愛の器)が”もっとも居心地のいいところ”に落ち着く」のです。

なにか後ろめたくて、誰も見ていないところでしか心休まらない場合、真っ暗な闇の中に落ち着くのかもしれません。

愛する喜びに目覚め満ち溢れていたら、愛する対象(人)が溢れてる、にぎやかなところに居場所を求めるかもしれません。

生前の「人生」では、魂磨き・愛の器の完成を目指します。

そして、肉身を脱いで、純粋な霊体、いわば魂だけになって、死後の世界、神様の懐へと「昇華」していくのです。

統一教会では、6月第一週は毎年恒例の「統一慰霊祭」の日です。

第28回全日本昇華祝祭を開催します統一教会公式HPより】
 http://www.ucjp.org/?p=2218

昇華して「霊人」となった家族と、時間と場所を共にして交流する。
そんなひと時の場が、「統一慰霊祭」であります。

私自身スタッフとしてお手伝いに何度か行ったことがあります。
不思議と、本当に感動して、心が満たされるのです。

そして、限られた「生」の時間、人生の大切さを痛感し、今日に感謝、明日に頑張ろうという思いに満たされます。

統一教会の、統一慰霊祭に、参加してみませんか?

posted by いち at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

尼崎教会ご訪問

少し、用事があって、大阪に来ています。

近くの教会でお祈りしたい気持ちになりました。

最寄の教会を調べてみますと…。

尼崎教会が、JR塚口駅からすぐのところにありました。

電話でお尋ねすると、「どうぞっ、いらしてくださいっ」と、

大歓迎の雰囲気。

近くまで来たのですが場所がわからなくなり、電話して、お尋ねしましたのですが、説明がよくわからない…。

と思ったら、別の婦人の方が探しに来ていて!
(食口の雰囲気って、なんとなくわかるんですね)

声をかけられ、教会まで案内してくださいました。

礼拝堂でお祈りさせてもらい、ありがとうございました…と
出ようとしたところ、教会長さんが少し会いたい、というらしく…。

ご多忙なのに、ふらっと立ち寄っただけの私にお会いしてくださるなんて…、恐縮です。

と思って縮こまっておりましたが、教会長さんとても気さくに語りかけてくださいました。お茶を手に、机を囲み、しばしお話をしてくださいました。

(うろ覚えもあるので、適切な内容ではないかもしれません)
特に印象に残ったのは、
「生命(命)も、愛も大切だけれど、お父様(文先生)が語られるのは、血統がもっと大切。生命は2代、長くても3代しか続かない。愛も生きている間しか続かない100年ほどではないですか。でも、血統は、ずーっと続くものです。
統一教会は、その血統が大事であり、それを本当に守っていくことを教えています。
今の家庭で、離婚、別居、家庭内離婚は、不倫、浮気、つまり異性問題からくるのがほとんどであるといわれています。
血統を大事にすることで、そういった異性問題はなくなっていくのです。
また、今の日本は、霊的なもの、神霊的なものが本当に弱い。(気力?)
自殺したい人は、生きる霊力(気力)不足。
日本人は、信仰をもって、霊力、気力を補っていくと、自殺、ニート、浮浪者の問題も解決されていく…」

祝福結婚は、永遠の血統を清める場であり、転換していく場です。
自らと家族の永遠の生命と、永遠に続く(べき)血統を清めていく…

目からうろこが出てきたおもいです。
出会いに感謝。導きに感謝。神様ありがとうございます。
posted by いち at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

これから礼拝

大田教会ホームページに初めて!
「大田教会公認ブログ」なる項目が!

みようとおもったけど、これから礼拝ですから…。

後のお楽しみです。

では
ラベル:礼拝 大田教会
posted by いち at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

教会から一言


一生の間を区分し、計画を立てていかなければならない。一生は短い。
〜教会から一言【大田教会】〜


大田教会のホームページをみてみると、
sc0004.jpg
左側、メニューの下のほうに、「教会から一言」コーナーが新設されています。
sc0005.jpg
Twitter と連動した、み言配信システム?
アクセントがあって、いいですね。
30分おきに変わるみたいです。今日のみ言は、なにかな?

posted by いち at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大田教会で集会がありました。

大田教会で、今夜は集会がありました。

教会長さんが、あつくあつく、語られました。

夜の集会が終わると、なんと、フルーツヨーグルトがでたんです。

おいしくて、3杯おかわりをしてしまいました。

花より団子、といいますが、食べ物を囲んで、和動の場をもつ

たのしいひとときをすごさせて頂きました。
ラベル:大田教会 集会
posted by いち at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一人でも、文殊の知恵?!

ブログ、久しぶりなので、リハビリもかねて、seesaaブログの

お知らせを、みていましたら、もんじゅなるものを発見。

【Seesaaからのお知らせ】
○ブログで作るネットワーク「mondju(もんじゅ)」に登録しよう
 http://info.seesaa.net/article/147296600.html

正直、お知らせの中身を見てもよくわからなかったので、
登録してみました。

すると、以下のメッセージが出てきました。
mondju.comに参加しました:ePNZqYQWGJDXOlBT

これで、どうでしょうか?

(追記)

よくわからないのですが、登録完了。

カテゴリが少ないのが少し物足りない感じがします。

「家庭」や「家族」がなくて、「同性愛」って、カテゴリがあるのはなぜ?

マイペースで、お付き合いよろしくおねがいします。
ラベル:mondju 文殊
posted by いち at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

日曜礼拝に参加しました

5月9日は母の日でした。

大田教会では、「母の日感謝記念礼拝」でした!

すごい大きなケーキがでました!

IMG_0111.JPG

おかあさんたちが、前に出て、ケーキカットしました。

礼拝の説教も、親なる神様のお話、真の父母様であられる、文鮮明先生のお話でした。


…命と愛の問題は、あいまいにしてはいけない。

親にもらった命、神様からもらった命なので、大切にしなければならない。

神様は、絶対愛の方なので、子供である人間、私たちが元の世界に帰ってくるまで、み旨を放棄せず、どこまでも、いつまでも休むことなく歩み続けてきたし、歩み続ける。

そんな神様を、(頭で)もっと知らなければいけない。(心で)もっと感じなければならない。

その神様を、誰よりも知って、感じていらっしゃる方が、真の父母であられる、文鮮明先生。
だから文先生は、不平不満は言えない。苦難を避けることもできない。
神様がそういう人だから、全部を感謝して受け止められるのです。

私たちも、こぼしてはならない。弱音を吐くと、すぐに魔が入る。…


だから、明るく、感謝して日々歩んでいこうと思った次第です。


ご訪問、感謝申し上げます。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。よろしければ、また足をお運びください。
posted by いち at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。