2010年06月14日

おやのきもち

父子の関係こそが、宇宙の根本的な立場である。
み旨の道より


教会に行くと、牧師様や神父様は、「神様」とは言わず、「天の父」、「天にまします、われらが父よ」といいます。

天理教では、「親神様」と呼びかけるそうです。

私たち人間ひとりひとりが、神様からみて、かけがえのない「ひとり子」だといわれます。

では、その「親なる神様」の気持ちって、親になるとちょびっとだけでもわかるのでしょうか?

私の両親は、私がどれほど「親孝行でなく」、「ドラ息子」であっても、ほっときません。ほっとけない様です。
正直、そんな親を持って幸せものだと思います。

でも反面、なぜ、そこまで「愛しがいがあまりない」、「投入してもかえってこない」ような、放蕩息子にここまで愛情を注いでくれるのか、正直、納得できない時もあります。


「親の気持ち、子知らず」そんな言葉が返ってきそうです。


「親にならなければ、ほんとの意味で親の気持ちは分かりません」

今日、生まれて28日目を迎える我が子のにっこりするのを初めて目撃しました。(家に帰るとだいたいわが子は寝ているから機会があまりなかったのかも)

めちゃくちゃ、感動しました。

このうれしさ、この気持ち、初めてかもしれません。

もしかすると、「親子」は今まで思っていたのよりも、もっと、もっと、大きいものかもしれません。

「親の心情、僕の体」とは、文鮮明先生がよく語られる言葉。

もしも自分の周りの、全ての人に「親のこころ」で接していくことができたら、本当に争いのない、世界が到来するのかも。

家庭の中で、いわば兄弟姉妹同士の関係が、どちらかというと「同じ目線」の関係です。意見が合わねば言い争い。そしてけんかになることも。

でも、もし、(いい意味での)親が子を見る、「親の目線」に立つことができれば、許せないことも、受け入れられないこころも、変っていくのでしょうか。

親の気持ちに、すこしでも近づきたい。

神様のこころに、ちょっとでも近づきたい。

改めてそう思います。
posted by いち at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

生まれる前から、死んだ後まで…

統一教会では出産、結婚(祝福)、死(昇華)という人生のすべての行事が神様を中心におこなわれています。

【「全日本昇華祝祭」by孝成教会】より


統一教会では、人の命は、死んでからは、肉体を脱いだ「霊人体(魂?)」が、霊界に行き、永生(永遠に生きる)するといわれています。

では、その永遠の世界(霊界)と、今のこの世は、どんな関係がある
のか?それは、霊人体を「清く、正しく、美しく」育て上げるため。

「愛の人格(霊人体)完成」がこの世の人生の、最大の目的。
そのために、己を高め、愛を深め、神を愛し、親を愛す。
隣人を愛し、夫婦で愛しあい、子供を愛し…万民を愛す。
愛して作り上げるのが、霊人体。
それも、不純な愛ではない。神からくる、「真の愛」で愛す。

愛の結実としてこの地に生まれた命。
愛し、愛され、伴侶を得て、家族を創りあげ、
そして霊界へと旅立っていく。

神様の愛の懐へかえっていく…。

生まれる前から、死んだ後まで、って、すごいことだと、思いませんか?

それが、統一教会。

一度、いらしてみませんか?

孝成教会ホームページ
 http://kouseich.seesaa.net/
sc0001 (2).jpg
posted by いち at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

再び。

復帰して、忙しく、なかなか回りきれない仕事の合間に、ネットサーフィンしながら、更新中です。
おかげさまで、110の食口(食口ではないもの、不明なものも含みますが)の皆様のブログが登録できました。

…でも、110項目分、行数がないんですね…

更新された順番にブログがならびます。
一番上は広告ですが、上に行くほど最新更新。

これでしばらくは、統一教会を楽しめますよっ!
【元記事】
他の食口の皆様のブログの最新記事
 http://ichishick.seesaa.net/article/132417291.html

※左側の、「仲間のブログです」も、同じです。





Powered by Ayapon RSS! オススメ ライブチャット ゲーム帝王




posted by いち at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

世界的指導者、著名人によるメッセージ

少し前に、著名人で統一運動に賛同する方を取り上げました。

統一運動に賛同する方々(2009.11)
 http://ichishick.seesaa.net/article/131771672.html

最近では、2/29の、文鮮明先生の誕生日のお祝いに、オバマ大統領さんや、金正日委員長さんの祝賀の贈り物やメッセージがメディアの注目を浴びております。

ご生誕日におけるオバマ大統領からのメッセージ「尊敬する文総裁へ」-文鮮明先生自叙伝 『平和を愛する世界人として』 (ポータルサイト)より
 http://rev-moon.info/article/142102429.html

また、マザー・テレサさんが、過去、文鮮明先生に関する賛同以上のコメントがなされていたことが、明らかになっております。

文鮮明先生を証した人々-統一教会に入って良かったこと より
 http://dearestfather.blog118.fc2.com/blog-entry-18.html

あまり、よい言い方ではないのでしょうが、こういった話題を挙げると、「統一教会は著名人に取り入って、広告塔にするのがうまいから!大金をみついだり、うまくだましたり…」という方がいらっしゃるのです。

真実のほどは分かりませんが、そういった「著名人」たる人物が、そんな簡単にだまされるもんなのでしょうか?
実力と信頼を持ちえてこその「著名人」ではないのでしょうか。

逆に、本当の価値を統一教会に見出されたことの表れではないでしょうか。それゆえに、「世間」のバッシングや制裁にひるむことなく、どうどうと統一運動を証されている。


motherteresashokai.jpg


ましてや、仮にもアメリカ一国に責任を持つ大統領に対して、そして、何者にも動かされず、祈りと啓示で神様の僕、万民の救いをなされてきたマザーテレサさんに対して、「統一教会に利用されている」、これは失礼ではないかと思うのです。

そのようにいわれた方は、自らの言葉に責任を持っていただければ、と思います。

話がそれますが、その言葉によって、命がけで拉致監禁への道へ足を踏み入れることを決意した父母の方がいないと、言い切れますでしょうか?

聞けば、統一教会に対する行き過ぎたイメージの植付けによって、絶望して自殺までされた、(教会員の)父母がいらっしゃるといいます。拉致監禁によって、自ら命を絶った食口もおります。

私の親も、(私自身に原因があることも多分にありますが)、この「統一教会のイメージ」によって、今も眠れない夜をすごしています。本当に心が痛いです。

早く、一日も早く、世の偽りがなくなっていくことを祈る次第です。
posted by いち at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

「週刊ポスト」の新聞広告をみて

読売新聞の、新聞広告にて、5月24日付発行の「週刊ポスト」の、
見出し;

『韓国農民にあてがわれた統一教会・合同結婚式 日本人妻のSEX地獄』
(資料:『統一教会 日本宣教と韓日祝福』北海道大学 櫻井義秀氏著より)


これは、韓国にお嫁に行って、異国の地で、韓日の架け橋となるために精誠尽くしている食口のお姉さんや、既にラブラブの家庭を築いている食口のお姉さんたちに、どれだけ失礼な内容なのか…と思ってしまいます。

軽く千人を越える、こうした「日本人妻」の何人が、該当するのか?

私と一緒の教会で、お嫁に行った食口のおねえさんは、韓国で姑さんにかわいがられ、だんなさんともラブラブで、子供も3人。子供をつれて日本に帰ってくるたびに、幸せ度が増してきている感じです。

以下のブログを見ても、異国の地で一所懸命に歩み、そして幸せを掴み取ったおねえさんたちの様子がわかります。

○長男の嫁 韓国編 → http://bit.ly/bdDscj

○情熱の国、韓国より愛をこめて → http://bit.ly/aLUDMV

○在韓日本人のさわやかブログ → http://bit.ly/cZHyby

○♪ 愛を奏でるあったか家族 in 韓国 ♪ → http://bit.ly/9bknQs

○しーこのHAPPY韓国生活☆ → http://bit.ly/8ZP8vY

○ワン ファミリー アンダー ゴッド! フィリピンより
http://bit.ly/aIT1oL

こういった方々に失礼だと思いますし、韓国では、「よくできた日本人の嫁」と村で評判の食口の方もいます。日本に対するイメージを良くしてきたことを考えると、日韓の関係悪化に貢献(?)したいのでしょうか。


posted by いち at 20:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

他の食口のブログ最新情報(2010/5/21)

以前、兄弟姉妹が作ったブログを網羅しようと取り組んだことがありました。

【参考】
○「他の食口の皆様のブログの最新記事
 http://ichishick.seesaa.net/article/132417291.html

最後の更新から、しばしのお休みを経て、ほぼ半年たった現在、これはすでに過去のものとなってしまいました…

すごく増えているんです!

日本ブログ村に、「統一教会」のカテゴリができていました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


そこには、150以上のブログがエントリされています。※食口以外のブログも含みます。

にほんブログ村をよく見ると、他のカテゴリにも食口のブログがちらほら…いくつあるのでしょうか?

リンク集を作っている方もおります。

統一教会 情報リンク集!〜統一教会の全てがわかるWebサイト〜
 http://uc8.info/

Twitterで紹介している食口の方も。
哲学犬ロビーの教会ウォッチ!
 http://twitter.com/ucnow

それだけ、食口の数が増えてきているということでしょうか?

統一教会のブログを覗いてみませんか?

いちのお勧めサイト
足立教会サイト

統一教会公式チャンネル
 http://www.youtube.com/user/UCJAPANch

統一教会人としての一言
 http://seijokyoukaityou.blog20.fc2.com/

教育部長の講義日記
 http://kitasendo.blog12.fc2.com/

パラダイムシフト
 http://hiroshi-kobayashi.at.webry.info/

原理の本体(絶対性)
 http://ameblo.jp/ucokoshi/

「新聞を読む再臨のキリスト」
 http://toshizo478.blog43.fc2.com/

いかがでしょうか?
posted by いち at 04:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昇華について

人は死んだらどうなるの?

難しい問題だと思います。

@人は必ず死ぬ。
A(基本的に)死んだ先のことを見てきた人がいない。


この理由ゆえに、「確実な答え」が出たことはなかったし、
しかし「問題にしない人」はいなかったと考えます。

あなたは死んだらどうなると思われますか?

ネットで、とある方の、以下の様な意見を発見しました。
...つまり私の結論は、ほとんどの人が死ねばすべてが失われると考えているわけではなく、来世やあの世になんらかの期待(金でない利益)をしているということです。みな無意識のうちに、そうやってまっとうに生きることへの見返りを期待しているのですよ。だから、死ねば何もなくなるというのは詭弁です。死後の世界があるかないかは私にはわかりませんが、世界の圧倒的な人々が死後を恐れ、期待しているのですよ。...

人は死んだらどうなる?での、ANo.4「shubal」様の回答より引用 by OKWave


面白い意見だと思います。考え深い。「多くの人は、死後の世界を意識して生きていると、いう見方をしている。”死後の見返り”がないと、善意や無償の説明ができない」といわれるのでしょうか。

個人的には、ある面、多くの人が納得する答えではないかと考えます。私自身、教会に出会う前、その様に考えていたんだともおもいます。

(でも、無償や善意の行動、については本心が無条件で欲するものであると今は思っています)

極端な意見を引用いたしましたが、つまり、死後の世界は(誰もが認める様な)証明はされていないものの、(誰もが)なんとなく実在を信じているということは多くの人の認識ではないかと思います。

多くの人が漠然と感じているように、生きてきた生前の人生が、「死後の世界」に反映される。

統一教会(統一原理)では、さらに具体的に、「死後、どこに向かうかは、生前作り上げてきた自らの魂が自らの意思で選択する」といっております。

霊界に行けば、「自らの魂(愛の器)が”もっとも居心地のいいところ”に落ち着く」のです。

なにか後ろめたくて、誰も見ていないところでしか心休まらない場合、真っ暗な闇の中に落ち着くのかもしれません。

愛する喜びに目覚め満ち溢れていたら、愛する対象(人)が溢れてる、にぎやかなところに居場所を求めるかもしれません。

生前の「人生」では、魂磨き・愛の器の完成を目指します。

そして、肉身を脱いで、純粋な霊体、いわば魂だけになって、死後の世界、神様の懐へと「昇華」していくのです。

統一教会では、6月第一週は毎年恒例の「統一慰霊祭」の日です。

第28回全日本昇華祝祭を開催します統一教会公式HPより】
 http://www.ucjp.org/?p=2218

昇華して「霊人」となった家族と、時間と場所を共にして交流する。
そんなひと時の場が、「統一慰霊祭」であります。

私自身スタッフとしてお手伝いに何度か行ったことがあります。
不思議と、本当に感動して、心が満たされるのです。

そして、限られた「生」の時間、人生の大切さを痛感し、今日に感謝、明日に頑張ろうという思いに満たされます。

統一教会の、統一慰霊祭に、参加してみませんか?

posted by いち at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。