2010年07月28日

霊界って?[2]

御訪問、感謝申し上げます。ご縁が合ってこちらにいらしたことと思います。
よかったら、見ていってあげてください。わーい(嬉しい顔)

まず最初に。

霊界、死後の世界は、実在するのでしょうか?

※私の場合、自分で言っていて少し違和感を感じます。

だって、見えない神様を知っているのに、見えない霊界がある?ない?

というのは、「なにをいまさら…」という感がします。


ここでは、「実在する」前提で話を進めていきます。

それを通して、「実在」を実感して頂ける、と思います。

では。今日の本題。

私はあなたに、絶対に外れない予言を、することができます。

それは…

あなたは、必ず、いつか死にます。


ということ。ほんとうでしょう?

「人は必ず死にます」

死んだらどうなる? 肉体を脱ぎ捨て、あなたの魂(霊人体)が

霊界に行くのです。

霊人のなかにも、いい人、悪い人がいます。何故?

この世にも、いい人、悪い人がいますね。同じです。霊界も、善人と悪人があふれています。

しかし、霊界の大きな「違い」は…、

「自分自身」が、「居場所を決める」ことだと思います。

「類は友を呼ぶ」といいます。

悪い事ばかりして生きてきた人…。その後ろめたさ、良心の呵責の

プレッシャーに負けて、明るいところに顔を出すことができません。

その人の心が落ち着くところ…くらい、誰にも見られない暗いところ、

暗いところへと自らが居場所を見出す。

「その方自身がもっとも居心地がいいところ」

に、居場所が定まるのです。

天国に行く人は、明るくて、神の愛に満ちたところに進んでいくし、

地獄に行く人は、暗い場所、暗い場所へとさまよっていきます。

それが霊界なのです。いい人は、霊界に行っても、いい人。

今の自分が、そのまま霊界にいくのです。史上初、極悪非道の悪人が、霊界に行って性格が変わると思いますか?そのまんまの自分が霊界に行くわけですね。

貴方は、霊界の、どんなばしょにいくのでしょうか?

ラベル: 霊界 人生 人間
posted by いち at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

「神様」を日本からはじき出す

青年よ、大志を抱け!
Boys, be ambitious !
W・S・クラーク博士


このあまりにも有名な、そして、希望に胸膨らませ、力が満ち溢れてくる、名言。明治の初めに札幌の農学校に赴任。北海道の開拓史に鮮明に残る方。
ネットで調べると、さらに以下のように続くそうです。
青年よ、大志を抱け!
それは金銭に対してでも、
自己の利益に対してでもなく、
また世の人間が名声と呼ぶ
あのむなしいものに対してでもない。
人間が人間として備えていなければならぬ、
あらゆることをなし遂げるために大志を抱け
引用元【】【


しかし意外と知られていないのは、クラーク博士が熱心なキリスト教信者であり、聖書を学生達に配り、日曜学校を開く、伝道者であったと言うこと。
「Boys, be ambitious !」ではなく、
「Boys, be ambitious in Christ !」だったという話もあります。

「少年よキリストにあって大志を抱け!」

キリスト教ではイエス・キリスト様は、
神様と一緒ですから、

「神様の元で、大志を抱け!」

日本では、神様や、聖書が省かれて伝わるものが多いように感じます。

例えば、以下の「ことわざ」は、元が聖書からの出典なのです。
豚に真珠
ぬかに釘
求めよ、されば与えられん
目からうろこ
ふえふけどもおどらず



神様は、もっと日本に深く入りたいと思っています。

一体、だれが、神様をはじきだしたのでしょうか?

あなたも、もっと神様を知ってみませんか?
posted by いち at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

霊界って?[1]

霊界の事実を知らなくてはならない

文鮮明師のみ言


文鮮明師は、霊界の「事実」と語られています。

霊界は、「事実」であり、「現実」。
それは、観念、ましてや物語や空想ではない。

厳然と実在する存在なのです。

そして、人間は死んだ後、肉身を脱いで、霊界に行き、

永遠に暮らすことになります。

文鮮明師は、今、この時を、「成約時代」とし、人間が本来の善なる(創造本然の)姿に戻ることができる時代とされました。人間が本来の姿に戻る。「本来の永遠の命」を取り戻す。そのためには、死んだ後、永遠に暮らす「霊界」について詳しく知っていくことは必須だと思います。

霊界がわかるから完成が可能になるのです。

だから、霊界の事実を知らなくてはならない。

霊界の事実を知ることで、地上の人生をどの様に生きるか、見えてくることが多くあるという意味でもあります。

霊界の事実、知っていきたいと、思いませんか?



ラベル:霊界 文鮮明師
posted by いち at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

韓国にお嫁に行ったおねえさん

…歌手になることが私の夢で、私の実家の両親の夢でした。

 韓国で暮らしながら、本当に多くのことを学びました。「このように歌ったら、聴いている人はどんな気持ちになるか」「どのような声が相手に心地よく聞こえるか」「どういう歌を歌ったら相手を楽しませることができるか」など様々なことを考えます。私の歌は韓国生活が基盤になっています。本当に感謝しています。…
在韓日本婦人の証し文(2)[世界基督教統一神霊協会(統一教会)公式HP]より引用】


本部教会のホームページを見ていると、先日の週刊ポストの捏造記事に対する抗議の延長で、在韓の、日本婦人−祝福を授かり韓国にお嫁に言った日本食口−の話を特集しておりました。

どれも一読の価値あり!ですが、特に最後の「吉田美穂」さんに、目が止まりました。

そう。彼女は私の信仰の初期、数年前一緒に信仰の道を歩んでいた、「同期」だったのです。

歌手の勉強をしていて、統一教会に出会い、神様の願いに答えたい、と自身の夢である、歌手への道をやめて、歩まれていました。本当に歌うことが大好きで、常に歌っていたのがとても印象深い、明るい前向きな姉妹でした。

違う教会に移動した私でしたから、その後、どうしているかな〜と思っていましたが、こんなかたちで、「息災」であることがわかって非常にうれしく思います。

文章から渡韓しての苦労などはあまり感じられませんが、国境を越え、思想・民族を超えての生活になんの苦労も無いはずはないと思います。苦労を表に出さない性格。よく知っている人ですから。本当に人知れない努力や苦労を重ねてきたのだと思います。

でも、結婚・家庭を通して、真の愛で「壁」を撤廃して、全世界の人が神様の息子娘、兄弟姉妹手を取り合っていく。すばらしい思想ですし、その努力・苦労の道を先頭きって歩まれる、おねえさんの歩みに頭があがりません。

…国際合同祝福結婚式は、全世界から集まった青年男女が、宗教・宗派、思想、民族や国境の壁を越え、神様を中心とした家庭を築くために神様を中心とした結婚式を執り行うものです。
【「祝福結婚とは本部教会】より引用


在韓日本婦人の証し文(1)
 http://www.ucjp.org/?p=2848

在韓日本婦人の証し文(2)
 http://www.ucjp.org/?p=2879
posted by いち at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

感動のベビーカー(追記)

教会の、先輩家庭のおねえさんが、ベビーカーを貸してくださると、言うので、
アパートに訪ねていきました。

お預かりしたベビーカーは、おもっていたよりも、遥かに軽くて、
片手でもらくらく。

それだけでなく、肩からかけられるように、肩紐がついている!!

これなら、奥さんも階段の上り下りなんか、楽でしょう。

私が子供のときのベビーカーの記憶しかなかったので、本当にびっくりしました。

奥さんも、きっと気に入ってくれるでしょう。

おねえさん、ありがとうございましたっ!

sIMG_0575.jpg

(追記)後で気づいたことでしたが、上記の記事は、私の、もう一つのブログ、「東京1食口のしあわせ家族」の方で投稿すべく、用意していた記事でしたが、誤ってこちらに投稿してしまいました。

操作を間違えてしまったようです。

しまった、と思いながらも、これがきっかけで、さまざまに思いをめぐらせます。

そして、頭の中で、たどり着いた先は「生かされている恵み」。ということなん

だろうなぁ、となりました。

無いこと、不足・不備を数えるより、あること、好意を見つけること。

なんでもないことに、感謝できる生活。神と共にある生活。こんな生活ができれば、
幸福な生活、にまた一歩。近づいていくんだろうなぁ、と思いました。

今日も、生かされていることに感謝。ありがとうございました。
posted by いち at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

統一教会員は人間ではない?(統一教会員の拉致監禁事件)

私は、統一教会に所属して、その信仰を持っています。

その、兄弟姉妹が、身内の勘違いによって、強制的に連れて行かれ(拉致)、閉じ込められて(監禁)、棄教・脱会のための説得をされている。
特に、本当に脱会するまで、閉じ込められ続けられている。大事な家族に、人間あつかいされない苦痛。どれだけ悲惨か。

この、「統一教会員の拉致監禁」のやり方に、私は反対します。

そして、家族にそのように薦め、指導し場所や人員の提供も行い、
現場でも、扱い方、接し方、手順の進め方等、細かいところまで
徹底して指導する人物がいます。通称「脱会屋」。

その手口を知れば知るほど、巧妙な、ずるがしこい、そして、教会員
を人間と思っていない、脱会屋のこころが見えてきます。

十年以上、「愛せ、赦せ」と言い聞かせながら耐え、「負けてはならぬ」と、さらに信仰の炎を燃え上がらせながら、愛して、赦す、「戦い」を続けてきた兄弟姉妹たちです。

時間を経て、今、この事を聞いて、数名のジャーナリストさんが、声を上げてくださいました。拉致被害者、関係者による、「拉致監禁をなくす会」が立ち上がりました。12年以上も拉致監禁され、それでも信仰をもったまま、帰ってきた後藤さんが、声を上げました。教会本部も、教会員が、動き始めました。

なにより、この「拉致監禁による強制説得」をなくすのが、一番の願いです。「加害者」の立場になってしまったご家族よりも、その裏で指導、主導してきた、脱会屋とその一味が、今、白日の下にさらされ、過去の事実が、明らかにされていくときだと思います。

最近、有田芳生さんが参議院議員選挙に立候補されました。
まずは、この脱会屋の一味として、拉致監禁に関わってきた過去を何らかの形で清算していただいてからでないと、政治家として日本をまかせられないと思うのです。

だから、ご本人様に、今も続くこの拉致監禁事件にどう対されるのかを、お伺いしたいです。

[参考] 有田芳生氏、「拉致監禁・強制改宗への関与」をやはり否定できず!:イザ!#C1713007
 http://feather.iza.ne.jp/blog/entry/1663963/allcmt/#C1713007

[参考] ジャーナリスト「溝口」様のつぶやき
 http://twitter.com/feather3318
  有田芳生さんへの質問: 
  1.有田氏は妨害・中傷とあえて騒いでいますが、実際は、拉致監禁被害者が加害者関係者への抗議です。もちろん、人権侵害をしながら選挙にでることへの不服もあるでしょう。
   http://twitter.com/feather3318/status/16819311591
  2.有田芳生氏、「拉致監禁・強制改宗への関与」をやはり否定できず
   http://twitter.com/feather3318/status/16696754410
  3.民主党公認 有田芳生氏の主張への質問 @aritayoshifu @政治の主人公は「国民」→ この「国民」に統一教会員が含まれていますか? A夢ある政策(拉致問題の一刻も早い解決を)→統一教会員が拉致されていたとしたら許せないですよね?
   http://twitter.com/feather3318/status/16741390374

[参考] 拉致監禁をなくす会
 http://rachi.info/ 
 
[参考] 世界日報の特集より“拉致監禁”の連鎖
 http://www.worldtimes.co.jp/special2/ratikankin/100623.html

これは、事実です。本当だと、思われますか?
posted by いち at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

あやぽん、5000サイト突破?

おめでとうございます!!

まもなく5000サイトになります。|あやぽん RSS! 素敵なカスタマイズ
http://ameblo.jp/ayaponrss/entry-10563714730.html#c10782997836

「あやぽん RSS!」、ご存知でしょうか?

愛用させていただいています。→ 他の食口のブログ

5000サイト、というとそれだけでは正直、ピンとこない数字です。

5000という数字、ちょっと考えてみると、

たとえば、わたしのブックマークへの登録数は、120サイトぐらい。
もちろん、一日に見るサイトの数なんて、両手の指に収まります。

仕事や、ブログの記事のためなどで、なにかネットで調べモノ…となると、20サイトは、超えますでしょうか?

少しねっとで調べてみても…。一日5000アクセス以上あるサイトなんで、ほんの一握り。

Twitterでも、5000人以上のフォロワーを持つ人は、多くないでしょう。

ネットで5000人、集めるのも、難しいということだと思います。

あやぽんさんのツールも、それだけ、多くの人に認められた結果なんだと思います。

実際使わせてもらっていますが、とても、重宝いたします。

サイトを登録するときはコレクター魂をくすぐります。

ビューを見るときは、最新の更新がすぐわかります。(当たり前ですが…)

近いうちにバージョンアップも検討されているようです。

(参考)あやぽんRSS!正式版開発ちゅうスタッフブログより)
http://www.zerofactory.jp/2010/03/rss.html

ますますの発展がきたいされますね

次は7000サイトでしょうか? 1万サイトでしょうか?

バージョンアップも楽しみです。これからも、お世話になりますね。
posted by いち at 22:42| Comment(1) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。