2009年09月26日

父の祈り(文鮮明師の祈祷)[11]

<<前の記事:父の祈り(文鮮明師の祈祷)>>
@希望編1
A希望編2
B希望編3
C心情編1
D心情編2
E映像版1
F心情編3
G決断編1
H決断編2
I決断編3


耐えに耐えて残される群れとならせてください

お父様が
悲しい心を抱いて行かなければならないとは、
無念で非常に悲しいことです。

お父様はかわいそうな方であられます。
お父様は悔しい方であられます。
人間たちには裏切り背を向ける道もありますが、
お父様には裏切るべき道も
背を向ける道もありませんので、
行きに行かなければならないことを私たちは知っています。
後退という名詞を要しない
お父様の道であることをおそれ多くも知ったものです。
お父様の心がどれほどいらだち、
どれほど深刻で、
どれほどお急ぎでしょうか。
真正なる孝子・孝女となり、忠臣烈女になろうと
お父様の前にひざまずき、こうべを垂れました。
十字架の道を行くことのできる一つの岩となり、
一つの衣の裾とならせてくださいと訴えることのできなかった私たち、
過去を悔い改めることのできる息子・娘となるよう許諾してください。

各地にいる寂しい統一の群れが、
お父様の前に訴えています。
お父様の命令を知っています。
この群れは行くべき行路を知っていますが、
この者たちの歩みを
再び促し、むち打たなければならない苦しい事情が
お父様にあることを知っています。
ここで耐えて残される者は
お父様の福を受けるでしょうが、
落後する者は
後代に讒訴を受けるでしょうし、
嘆息するようになるだろうということを知っています。
お父様、
どうぞ強く雄々しい心を持つようにしてくださり、
最後まで耐えて
残される群れとなるよう許諾してください。

お父様のその歩みは
私たちには見当がつかないほど速いということも知るのです。
千のことをしたなら
万のことをしなさいと命令なさりたいのが
お父様の気持ちであり、
助けとなり得る立場に立った息子・娘を探すのが、
お父様の心であることを知りました。
今日、私たちにお命じになる全てのみ言を
心から受け入れることができ、
み旨の前に真正なる息子・娘となり得る
私たちとなるよう、許諾してくださいますことを
懇切にお願い申し上げます。

お父様を捜し出すために
私たちは孝子孝女とならなければならず、
その国を捜し出すために
忠臣烈女とならなければなりません。
その理念は神聖ですが、行く道は悲惨です。
その内容は美しいのですが、
現れた現象は死の道でした。
死の道を行きながらも、
心のうちでは望みを持つべき道でございました。
お父様がそうであられるので
息子・娘たる私たちもそのようにし、
お父様がそのような道を行かれるので
私たちもそのような運命の道を行かなければなりません。
ですので私たち、
この途上で疲れずに
百折不撓の心情を持ち、
最後の勝利者として定められるようにしてください。
今からは、勝利したと言うことのできる安息のひと日、
お前たちは私のものであり、
この天下は私の息子・娘であるお前たちのものだという
祝福を受けうるそのひと日まで、耐え忍び
残される群れとなるようにしてください。
その日を迎えるまで
苦難に同参する群れとなるよう許諾してくださいますことを
懇切にお願い申し上げ、
すべてを主のみ名によってお祈りいたしました。アーメン。
(一九六四年三月二二日)


文鮮明師の祈祷を記録したものです。

神様と共に、全ての人が手と手を取り合い、希望と喜びに満ち溢れたそのひと日を迎えられるように!


★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★
最後まで読んでくださいまして、感謝申し上げます。
よろしければ、ワンクリック、ご協力お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
posted by いち at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

父の祈り(文鮮明師の祈祷)[10]

<<前の記事:父の祈り(文鮮明師の祈祷)>>
@希望編1
A希望編2
B希望編3
C心情編1
D心情編2
E映像版1
F心情編3
G決断編1
H決断編2

あなたの前に自らこうべを垂れて謙虚な心をもたせてください。

お父様!
私たちは、
あなたの歴史的な宿怨を
解怨成就してさしあげられる孝子孝女たちが、
この地に生きている息子・娘の中に
現れなければならないということを知っています。

お父様!
あなたが長い歴史過程の間、
それほどまでに数多くの峠道を耐えて来ることがおできになったのは、
会いたい息子と互いに会おうという
内情的な力があったからだということを知るものです。
そのようなことを知るとき、
果たして私たちがそのようなお父様をお迎えすることができ、
また歴史過程においてのすべての困難を忘れさせてさしあげられる、
お父様が会いたいと思う息子・娘になったのかを考えてみるとき、
あなたの前に済まなさと恥ずかしさを禁じる道がありません。

そのような私たちは、体と心のすべてを捧げて
あなたのみ旨に生きた祭物になるとしても、
そのように長々しくも悲しい逆境を克服してこられた
あなたの事情を慰労してさしあげ、
あなたに報いてさしあげられる
何の条件も備えることができない私たちです。
このような私たちの姿を考える度ごとに、
かわいそうなお父様であられることをまた感じるものです。

このような息子・娘を、サタンの前に
私の愛する息子・娘だと誇らなければならない
お父様の立場が、どれほど寂しく悲惨であるかを
もう一度考えるものです。
ですので、この地上には必ずや
お父様が心を許すことのできる
息子・娘がいなければなりません。
尾等s間!
私たちはお父様の対面と威信と事情を
案じることができなければなりません。
私たちがどんなに内外にその何かを備えたとしても、
あなたのみ旨の前に現れるにはあまりにも足らず
恥ずかしい姿であることをよく知っていますので、
お父様が探してくださった恩賜の前におそれ多い心、
感謝する心を持たなければなりません。
そのような心が私たちの生活の中に、
あるいは生涯路程の中にこもり、
自らこうべを垂れ、
僕のような立場で生活しなければならないということを悟ることのできる、
あなたの息子・娘となるようにしてください。

このような立場に立ってこそ
お父様の慰労の対象となることができ、
お父様が私たちの謙遜さを賞賛なさることができ、
私たちがお父様のみ旨の前において
順応するその姿を見て誇ることができる
条件になることを知っていますので、
お父様、
そのような立場に至ることのできない私たちを
もう一度哀れにお思いください。
終わりの日に残されるようになる最後の十字架を背負い、
生命をすべて捧げてでも、
その使命を果たすにおいて不足のないよういで立つ
息子・娘たちとなるようにしてくださいますことを懇切にお願い申し上げながら、
すべてを真の父母のみ名によってお祈りいたしました。アーメン
(一九七〇年七月一ニ日)



常に、神様を気づかい、私たちを息子・娘として愛し、赦して、とりなして、導いてくださる。
そこにあるのは、限りなく「無私」の世界であるのではないかと思います。

私は「父のみあとを慕いていく者」。お父様の歩まれた道を慕い求めて生きたいのです。


★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★
今日もご訪問感謝いたします。
この祈りを音読した方も、そうでない方も、
何度か読み直した方も、そうでない方も、
何か、何かを感じていただけると幸いです。
よろしければ、ワンクリック、ご協力お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
posted by いち at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

父の祈り(文鮮明師の祈祷)[9]

<<前の記事:父の祈り(文鮮明師の祈祷)>>
@希望編(1)
A希望編(2)
B希望編(3)
C心情編(1)
D心情編(2)
E映像版(1)
F心情編(3)
G決断編(1)


理想世界実現のための家庭圏を成させてください

理想世界というものは
抽象的な観念圏内で成されるものではなく、
刺激的で実証的な現実で成されるものです。
これが人間の最後の要求ですが、
それが自分の家庭を中心として成されるということを、
私たちは本当に知りませんでした。

今日統一家が背負っていくべき使命は、
家庭を主とした世界です。
その家庭は世界のためにあるのであり、
国のためにあるのであり、
民族のためにあるのであり、
氏族のためにあるのだという信念に燃え、

その家族全体が
その目的を遂行するために
生きていくことのできる群れとならなければなりません。
私たちがこのように動くようになるとき、
全世界は近い将来に
あなたが愛することができ得る主管圏内に
完全に抱かれるという事実を、
私たちは確信しなければなりません。

祝福というこの聖なる名詞の前で、
私たちは恥ずかしい自らを発見しなければなりません。
私たちの過去の生活は個人的な生活でした。
天宙史的な人格を中心とした生活ではなく、
没落してしまった個人的な生活でした。
このような自らを打破してしまうことのできる
各自とならなければなりませんので、
お父様、
祝福してください。

今、私たちは一個人のために行くのではなく、
家庭の幸福の土台を開拓し、
これを動機として
民族の前に示しておくことのできる家庭と
そのような愛の園を成すために行かなければなりません。
そのような責任者たちとなるようにしてくださいますことを、
お父様、
懇切にお願い申し上げます。

お父様!
そして、統一氏族を捜し出し、民族を代表した家庭を成すのが
万世のみ旨であることを知るものです。
今、私たちは襟を正し、姿勢を整えて
お父様の前に出ていかなければなりません。
そのためには、
男性と女性が一つとなり、
父母に侍り子女を抱いた
四位基台を成さなければならないということを知るものです。
これが創造理想の実現であることを知るものです。
四位基台完成という言葉は千回万回聞きましたが、
実際にその決定的な内容を
愛することができない自分たちであったことを嘆息するものです。
お受け入れください。
そうすることのできる愛の刺激を
感じるよう許諾してください。
そのような使命を完結させて
民族と世界を導いていき、
お父様と連結させなければなりません。
絶対的な主体と絶対的な対象が一つとなる
その力の要件を受け継ぎ、
これを愛の主観圏として
世界の前で行使するのに不足がないようにしてくださり、
美しく円満な自らとして
堂々と出ていくことのできる、一つの家庭圏が
成され得るよう許諾してくださいますことを懇切にお願い申し上げ、
すべてを真の父母の御名によってお祈りいたしました。アーメン。
(一九七〇年三月一七日)


文先生のお祈りは、私たち(全人類)の下から、私たちの代わりに

許しを請い、私たちが再び創造理想完成のために歩み始め、進み

始めることを100%信じて、その様にとりなしてくださる祈りで

あり、私たちに力と知恵を与えて、守り導いてくださるように、

こい願う様な祈りであり、まさしく親が子供を見守り導く祈りで

あるように思います。

この祈りを通しても、「人類の真の父母」、「再臨のメシア・救

世主」たる、真のお父様の姿の一端を感じる次第です。

そして、私の父であり、私の道である、文鮮明先生だと、告白い

たします。

あなたも、この文鮮明師の正しい姿を知りたくありませんか?

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★
今日もご訪問感謝いたします。
この祈りを音読した方も、そうでない方も、
何度か読み直した方も、そうでない方も、
何か、何かを感じていただけると幸いです。
よろしければ、ワンクリック、ご協力お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

posted by いち at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。