2010年05月11日

日曜礼拝に参加しました

5月9日は母の日でした。

大田教会では、「母の日感謝記念礼拝」でした!

すごい大きなケーキがでました!

IMG_0111.JPG

おかあさんたちが、前に出て、ケーキカットしました。

礼拝の説教も、親なる神様のお話、真の父母様であられる、文鮮明先生のお話でした。


…命と愛の問題は、あいまいにしてはいけない。

親にもらった命、神様からもらった命なので、大切にしなければならない。

神様は、絶対愛の方なので、子供である人間、私たちが元の世界に帰ってくるまで、み旨を放棄せず、どこまでも、いつまでも休むことなく歩み続けてきたし、歩み続ける。

そんな神様を、(頭で)もっと知らなければいけない。(心で)もっと感じなければならない。

その神様を、誰よりも知って、感じていらっしゃる方が、真の父母であられる、文鮮明先生。
だから文先生は、不平不満は言えない。苦難を避けることもできない。
神様がそういう人だから、全部を感謝して受け止められるのです。

私たちも、こぼしてはならない。弱音を吐くと、すぐに魔が入る。…


だから、明るく、感謝して日々歩んでいこうと思った次第です。


ご訪問、感謝申し上げます。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。よろしければ、また足をお運びください。
posted by いち at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

本日の日曜礼拝にて


今日は日曜礼拝に参加しました。

説教の中で、文亨進世界会長が韓国本部教会の食口と一緒にソウルの繁華街にて路傍伝道に出られたときに語られた言葉が紹介されていました。

「私たちは統一教会です。アージュ(安住)!
皆さん統一教会は何を信じているのかと沢山の人たちに聞かれますね。
そこで統一教会ある私たちはそれをとても簡単に説明することができます。
統一教会は神様の真の愛を相続しよう!ということを信じているのです。
それがまさに何かというと、神様の真の愛は父母の心情です。
父母の心情とは神様が全てを創造した時、まさにその心情で創造されたのです。
ですからその父母の心情を私たちは創造目的と言うのです
それ私たちは全て相続受けようとしています。
その父母の心情は元々アダムとエバが真なる父母の隊列に並んでいましたが、堕落し偽りの愛の相続を受けてしまいました。
なので長い摂理的歴史の中で、ノアからアブラハム路程を通して、神様が国と世界を復帰する事を願われました。
そしてイエス様がこの地に来られました。神様がメシアとして送ったのです。
イエス様がこれから父母の心情の相続を受け、全世界の前で父母として天国を建てられる
そしてそのイエス様が真の父母様の隊列に今並ばれることとなったのです。
イエス様と一つになれなかったその国々がイエス様を十字架につけて
イエス様を殺してしまいました。
なのでイエス様はその恨(ハン)とその悲しみ…
神様がメシアとして送られたときイエス様は父母の…
とても早く悲劇的な状況の中で亡くられて行きました。
ヨハネ福音書15章13節に兄弟の為に命を捨てるよりもっと大きな愛はないのだと書かれています
イエス様はすぐにこの素晴らしい途轍もないアガペーの愛、兄弟の為に死ぬことのできる愛の相続者でありました。
ところがイエス様が父母になる事ができず神様が創造されたその父母の立場の相続を受けることができませんでした
それがとても大きな罪となりました。
人類にとって…
イエス様を早くに亡くしてしまったので…
(中略〜よく書き取れなかった)
真の父母様、イエス様の使命の相続を受け父母の心情で与えても与えてもまた与えてくださる真の愛の父母の心情で、イエス様の恨(ハン)を解いてくださった、その父母の心情、愛、イエス様を愛するその心情で、この場で沢山の人に出会うのです。アージュ
そして私たちは人々に真の父母様を紹介するのです。
真の父母様は救世主メシアであり!この世界を救援する父母の心情を実践されてきた真の父母様であるのだと!アージュ!!
ですから皆さん今日はそのような心情で歩んで行きましょう!

すっきり! 皆様、

統一教会は神様の真の愛を相続しよう!ということを信じているのです。

神様の真の愛は父母の心情です。

父母の心情とは神様が全てを創造した時、まさにその心情で創造されたので、ですからその父母の心情を私たちは創造目的と言うのです

私たち食口は、その真の愛を全て相続し、神様と共にある人類一家族世界→平和な世界を創り上げようとしているのです。

とても整理されました。

意欲が湧いてきました。

よし、がんばろ! 善き一週間の出発ができたと思います。
Tyampumo091004.jpg
今週もみなさまに神様の恵みと導きが大きくありますように、お祈りいたします。アージュ!


☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★
ご訪問感謝申し上げます。
よろしければ、ワンクリック、お願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

posted by いち at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 礼拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

今日の礼拝

@「根と花は二つではありえない」
美しい花も、もともとは、根があったから。
根はまったく見えない。しかし根があるから美しい花が咲くことができる
また、美しい花が咲くことで、根がむくわれる。根も「本望である」と思うのではないか。

この関係は、神と人との関係にもあてはまる。
根から美しい花となってあらわれる。
根との関係がきれれば、どんなきれいな花もかれてしまう。
「根と花は二つではあり得ない」のである。

【ここまで(以下省略) 】


神様は見えない。聞こえない、触れない。
祈っているとき、誰に対して話しているのか?届いているのか?と
不安になることがある。

でも、見えない根っこのように、神様につながっている私なんだ。
そして、全ての人が、根っこである神様とつながっている。

「人類みな兄弟」は、親なる神様につながっているから…納得。
ラベル:礼拝 み言 教会
posted by いち at 00:35| Comment(1) | 礼拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。