2010年08月14日

日本人の、将来を少し考えました。



家族が家族に殺意を持ち、そして行動に移してしまう。
この手の事件が、最近非常に多いです。
さらには、日に日に増えてきている様に感じます。

ぱっと見ただけでも、そういった事件の報道、5件ほど見つけました。
背筋が寒くなってきます。

私の予想ですが、まだ増えます。もっと凶悪な事件も出てきます。

日本の家庭が、大変なことになっています。

いつごろからか、日本の「家庭」にひずみが生まれ、それが時間の経過と共に、誰も気づかないうちに少しずつ、少しずつ深く、大きく蓄積されてきています。それが表に表れた。

どうしてそうなったのかを、今後何回かに分けて考察していきたく思います。

まさしく、「家庭が基」なんです。
家族が、家族に、「無関心・殺意・憎しみ…」などの思いを持つ。そんな家庭が広がっていくと、殺伐とした社会に。

統一教会は、逆に家庭から世界へ平和を拡大していくべく、日々努力しているところです。今、統一教会がみんなに何を出来るでしょうか。

教育部長の講義日記」のブログに興味深い投稿を発見いたしました。

…どうも問題の本質はもっと深いところにあるように思われます。

家庭生活を舞台として現れる人間精神の荒廃。
金銭によって振り回される心の闇。

そのような極めて内面的で深い問題を、統一教会はどのように改革できるのでしょうか。
現代版「楢山節考」教育部長の講義日記】より抜粋


理想家庭と世界平和に向けて、統一教会の教会員として、人として
今日もまじめに尽くして生きたい、と思いました。
posted by いち at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

統一教会ってどんなところ?【教理の紹介】[2]

【参考】統一教会って、どんなところ?@

引き続き、教義紹介のビデオを、少し紹介いたします。
【参考】統一教会YouTube専用チャンネル登録動画一覧


【統一教会教義の紹介シリーズ】

A霊界について(その1〜3/全3話)
死後の世界は存在するのでしょうか?

特に生前、人間を誰も愛さなかっとしたら、
霊界ではたった一人ぼっち。暗闇の中で永遠を過ごすことに…

…犬が、お墓参りをしているのを、見たことがありますか?動物は、決して死んだ親や先祖の墓参りしないですね。人間だけなんです。
貴方も、きっと、涙を流しながら何回も大事な人の墓に参り、先祖供養をしているではないですか。
しかも、それは日本だけではありません。中国、アメリカ、世界中で亡くなった人に手を合わせ、先祖を供養する。そして、それは途方も無い昔から今に至るまで。そしてまず間違いなく未来も行われていくでしょう。
この人類の行ってきた行為。もし死後の世界が無いとすれば、死んだらおしまい、何も残らないとしたら、これほどおろかなことがありますか?
人間は愚かではありません。すばらしいことならば、きっと、死後の世界はあるにちがいません。
あの世の生活がきっとあるにちがいありません。
ここでは神様を知った立場から、もう少し詳しく、見てまいります。








 【リンク先】A霊界について[]/[]/[]

次回は、B人生の目的を紹介します。
posted by いち at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

統一教会ってどんなところ?【教理の紹介】

統一教会って、どんなところだと思いますか?

本部教会の、YouTubeでの、専用チャンネルに、教義紹介のビデオがたくさん登録されています。
【参考】統一教会YouTube専用チャンネル登録動画一覧

少し、紹介いたします。
【統一教会教義の紹介シリーズ】

@神様について(その1〜3/全3話)
神様は、実在しますか?そして、あなたと神様との関係は?

神様と、人間について…。みなさまのおうちに、神棚はございますか?お供え、しておりますか?お神酒に…初詣は、お参りは?
でも、あなたは、神様というなんらかの崇高な存在が本当にあると思われますか?
大多数の人間が、その様な、「神様」というものがあると思っているのではないでしょうか?
それとも、存在しませんか?では、私たちは、長い歴史の中で、その存在しないものに向かってきたのでしょうか?
ないものに詣で、頭を下げ、手を合わせる。ないものにお供えをして、お金を払い…。私には、人間はそんなおろかな人間ではないと考えます。
苦しいとき、絶体絶命の時には、「苦しいときの神頼み」とありますように、だれもが、「神様」に手を合わせ、祈り、拝みます。
人間がどこか心の片隅にその実在を感じている証拠ではありませんか?
では、その「神様」、その存在が、実在するとして、どのような存在なのか?そして私自身とどんな関係?私の人生にどのようにかかわってきているのでしょうか?…。








 【リンク先】@神様について[]/[]/[]

次回は、A霊界についてを紹介します。



続き(参考資料)
posted by いち at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。