2010年10月27日

【拉致監禁反対】統一教会の拉致問題の核心(10.28加筆・修正)

つまり、拉致監禁は家族の問題ではない。他者から家族や親族に吹き込まれて実行されていく、社会問題なのだということが、宮村氏自身の著述から証明できるのだ。



統一教会信者の拉致問題「保護説得(拉致監禁)」を、ご存知でしょうか?

今、12年以上、棄教の為に家族に不当に監禁され続けてきた、教会員の後藤徹さんが、監禁を首謀した人に対して、警察に訴えました。

結果は、二度も、「不起訴相当」という結果になりました。

これほどの事件に、「事件性はなかった」といわれたのです。

一度、不起訴とされても、あきらめずに、後藤さんが検察審査会に申し立てをしました。
しかし、「不起訴相当」という結果。
以下、その際の「検察審査会の議決文」の資料が引用されています。
お時間ありましたらご覧ください。

〇【有田芳生の『酔醒漫録』】より引用
〇【「宮村峻」研究】より引用

※有田さんのブログにも乗っています、さすが「統一教会問題に詳しい」ジャーナリスト。
余談ですが、2番目のブログタイトルの「宮村氏」と有田さんは友人ということだそうです。


この拉致問題、一番のポイントは、家族問題か、否かであると思います。

家族問題なら、父親が、子供に向かって、「押入れの中で反省しやがれっ」といった程度の話になるのでしょうか。
どう考えても、12年以上閉じ込めておくことや、子とはいえ成人した大人に対して行う事ではないと思いますが。これだけでも立派な事件ですよね…


でも、多くの拉致被害者が証言しているのは、そうではない。

家族の背後に「黒幕」がいるという事。

家族を、信者の監禁に走らせる様に、啓蒙し教育し、指導して協助まで行う存在。

いわば家族は、その「黒幕」の「被害者」でもあるのです。

後藤さん以外にも、過去、何人かの拉致被害者は、監禁した家族とその黒幕に対して
訴訟を行っております。

誰が好き好んで、大切な家族、大好きな肉親を相手に訴訟起こしたりしますか?

この「黒幕」の存在を、世に知らせ、介入させない様にするためですし、未だに行われている、「拉致問題」を根絶するためです。

まずは、どうぞこの「拉致問題」の真実を知ってください。
[高画質で再生]

韓国SBSニュース追跡『統一教会信者拉致監禁事件-きよみ13年ぶりの帰郷』(日本語字幕版) [ウィキ]

【参考】
「火の粉を払え」ルポライター米本和広氏blog
拉致監禁をなくす会


この拉致問題に、多くの「著名人」が関与していると言われます。

私の主観ですが、「事件だった、犯罪だった」と認められると非常に都合が悪くなる方が関与しているのではないか、と推察されます。

しかし、事実は事実。真実はひとつ。

特に最近、多くの、さまざまな立場の方の働きかけにより、あからさまになってきています。

今回引用させていただいたブログや映像は、統一教会や、統一教会信者でない方によって作られたものがほとんどです。

むしろ統一教会に反対して、批判する、それらの人ですら、問題視する「拉致問題」の真実を知っていただけると、幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よかったら、また足をお運び下さい。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

以下、参考資料→以下、統一教会員の拉致問題(「拉致監禁(保護説得)」)の参考情報です。【
★印は、教会や現教会員によるもの。☆印はそうでない方によるものです。
(〇はよくわからないもの)
「火の粉を払え」ルポライター米本和広氏blog

拉致監禁をなくす会

統一教会 拉致・監禁 人権侵害 宗教の自由 英語文書・記事の日本語訳

哀しみの神 〜はぐれ統一教会員の実体験回顧録〜

統一教会信者の脱会方法について

統一教会(統一協会)信者への拉致監禁  真実が明らかになる時

追跡中!新興宗教強制脱会ビジネス

室生忠の宗教ジャーナル

統一教会脱会請負人「宮村峻」研究

統一教会訪問紀行

信仰生活は感謝と喜び!

みさちのひとり言

夜桜餡

いつも隣に神様

統一教会の被害者

posted by いち at 01:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 反対 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
二点指摘させていただきます。

まず第一点、最初の段落を読んで直感的に感じることは「事件性はなかった」ということを肯定しておられるようだということです。大変心外な表現です。あなたのブログにそう書いていれば、反対派から見れば、統一教会員のブログだって、事件性がないということを認めていないということになるでしょう。かなり心外です。書き改めていただけませんか。

管理人の主張は、冒頭の私の記事をのぞけば

「この拉致問題、一番のポイントは、「家族問題か、否か」であると思います。
」という節から始まります。

ここまで来る間に、読者の頭は「事件性はなかった」という認識になっている可能性が大だと思います。

ブログ記事を書く際は、読者にどのように読ませるかということではなく、読者がどのように読むかということを重視して書くべきだと思います。

第2点、後藤さんが検察審査会に申し立てたのは今回が初めてです。したがって検察審査会が「不起訴相当」の判断を下したのは今回が初めてです。検察が不起訴としたことと、検察審査会が「不起訴相当」の判断を下したことを混同されていると思います。訂正をお願いします。
Posted by 原田和彦 at 2010年10月27日 09:54
こんにちは。原田様、御訪問&コメントありがとうございます。

ご指摘いただきましたところ、修正してみました。
いかがでしょうか

いつも適切なアドバイス、感謝申し上げます。
よろしければ、また足をお運びください。
Posted by いち(管理人) at 2010年10月28日 14:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167303998
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。