2010年10月19日

「理論だけではない」【キリストの偉大さ】[2]

※前の記事:




クリスチャントゥデイのフォーラムを見ておりました。

クリスチャントゥデイ
sキリスト教インターネット新聞 --- クリスチャントゥデイ ---_1287491881807.jpg


このHPのフォーラムの項目では、

クリスチャンの方の生の声が見れます。いろいろな考え、意見の一端を見ることができます。

目に留まったところは、「賭けに負けた神」のスレッド


〜省略〜

★ 53 【朝一番。】様の投稿
(省略)
…頭でイエスの信仰を理解するのも大事だけど究極的には魂が父と結びつくことが大事。そのための愛を知るための過程で頭で聖書を知ることが必要ということだということじゃない?

 文系の議論はどうも両極端に走ってしまう。一方の主張を誇大に取り上げることで誤解をふりまこうとする。それが悪いところ。政治の世界でもよくあることだよね。

 たとえば蓮舫議員の「一番じゃなきゃだめなんですか?」発言は、そのまま一番でなければいけない理由をお聞かせくださいという疑問形で捉えるべきなのに、相手の発言を悪く捉えて非難する。。

 とにかくかぞちちゃんはただ心で知るだけの神様を言ってるんじゃなくて、頭で知ることは大事だけどそれだけでは、わからない魂の次元の愛の世界がある。聖霊のはたらきというもの、まさに信じるその人に神様が直接働きかけてくださる世界がある、それを経験しない限りには信仰の核心には至らないだろうということを説明しているのであって、頭で聖書を知ることが無用であるとは一言も言っていないと思うよ。

★ 54 【弟が落ちぶれて帰ってきまして】様の投稿

そうですね。。。
言い過ぎを引っ込めます。

言いたいことの重大性にたいして悲しいほどの語彙貧弱・論理薄弱。

宗教行為や信仰の対象の実相を少しばかり議論してみたかったのです。

議論しようとしたら,「祈ってあげますよ」といわれました。
これは,少々こたえました。


★ 55 【朝一番。】様の投稿

>>54 これは,少々こたえました。

そうそう。信仰の世界に入るとだれでもそういう壁にまずはぶつかる。

霊的な世界というものがわからずに、理論だけではわからない世界、神の愛によってすべて全てが分かる世界だからね。

世の中の学者の世界のように頭のいい人が良く分かるというような世界ではない。深い愛を知る人、低くできる人、弱い人、しいたげられた人こそが深く理解できる逆説の世界。その一番底辺で世界を支えておられるのがまさに神様に他ならないんだと思う。

★ 56 【朝一番。】様の投稿

だから結局だれも自分を誇ることのできない世界ともいえる。

心で深くわかる人。言葉で深く伝えられる人。祈りで恵みを受ける人。はたまた霊的ないやし、聖霊による治癒の奇跡を行える人…それぞれの特性に合わせてそれぞれ神様に用いられる賜物が与えられる世界。それがキリストの世界。だから互いが互いに敬いあって一つになれる世界なんだと思う。

クリスチャントゥデイフォーラム>「賭けに負けた神」より抜粋】


すばらしいと思います。キリストの偉大さ。

神様が、イエス様が何百年、何千年と愛し投入してこられた、キリスト教の世界は、理屈抜きで、「祈ってあげますよ」と、言葉が出る。

他のスレッドを見ても、議論と言ってもただぶつかるだけではなく、相手をうやまい、相手の為に祈る。なにより、それが自然に出る。キリストが残された、偉大な文化なんだなぁ、と感じます。



★51 【神様のかぞち】様の投稿から抜粋

 神様って、教義の上で説かれるだけのものではありません。それが世の学問とは違うことと思います。世の学問はいくら追求しても、その著者や学者の霊がやってきてその愛に触れる・・なんてことはないと思います(照)。。

 しかし聖書の上に現れる真の神は、その人が正に心でその神様を信じ、愛するとき、真の愛を聖霊を通して答えてくださいます。魂がそれに呼応するようになります。

 そこまでの段階に至るには、ただ「教義上の神を学ぶ」教理的な信仰だけでは、どうしても不可能なのです。かくいう私も同じ経験を辿ってきましたが、実際に聖霊に促された牧師の働きや、霊的なクリスチャンたちとの愛の交わりを通してのみ、正に己の魂に呼びかけられる神様の声に気づくことができると思います。

【同「賭けに負けた神」より抜粋】


頭だけでなく、理屈抜きに肌で感じ、魂で受け止め、心で理解する、そんな神様にもっと深く、深く出会っていきたいと思うひとときでした。

ご訪問、感謝申し上げます。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
よかったら、また足をお運び下さい。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
ラベル:キリスト教
posted by いち at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック