2010年10月11日

北朝鮮での拉致問題。日本での拉致問題

「救う会」をご存知でしょうか?

救う会 全国協議会
 http://www.sukuukai.jp/index.php

どう考えても、変な話です。拉致。

本人の意思を無視して、連れて行く。

北朝鮮という国家がそれをやってきた。そして、国家(主権)の崩壊の危機があるから、

帰す事ができない(という事でしょうか)。

本人たちは、家族は、どんなに心配か。ましてや、「生きている」とわかったら、

「一目会いたい」と思うのは当然。

早く解決できれば、いいと思います。本当に、全員が解放されて、帰ってこられることを
切望します。


しかし、対照的に、まったく知られていない拉致問題があります。

日本での拉致問題です。

「拉致監禁をなくす会」はご存知でしょうか?
拉致監禁をなくす会
 http://rachi.info/

少し、趣旨が変わりますが、本人の意思を無視して、連れて行く。

そしていつまでも解放されない(最長12年強)。

それが、日本で、今も行われている。今、現在も。

それが、首謀者たちの立場、地位・名誉の崩壊の危険があるから、

やめることも、真実をさらすこともできない。

これも、一日も早くなくなることを願います。

今も監禁されている人が、全員、解放されることを本当に、願います。

posted by いち at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 反対 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165305019
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。