2010年07月20日

霊界って?[1]

霊界の事実を知らなくてはならない

文鮮明師のみ言


文鮮明師は、霊界の「事実」と語られています。

霊界は、「事実」であり、「現実」。
それは、観念、ましてや物語や空想ではない。

厳然と実在する存在なのです。

そして、人間は死んだ後、肉身を脱いで、霊界に行き、

永遠に暮らすことになります。

文鮮明師は、今、この時を、「成約時代」とし、人間が本来の善なる(創造本然の)姿に戻ることができる時代とされました。人間が本来の姿に戻る。「本来の永遠の命」を取り戻す。そのためには、死んだ後、永遠に暮らす「霊界」について詳しく知っていくことは必須だと思います。

霊界がわかるから完成が可能になるのです。

だから、霊界の事実を知らなくてはならない。

霊界の事実を知ることで、地上の人生をどの様に生きるか、見えてくることが多くあるという意味でもあります。

霊界の事実、知っていきたいと、思いませんか?



posted by いち at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156929521
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。