2010年06月09日

生まれる前から、死んだ後まで…

統一教会では出産、結婚(祝福)、死(昇華)という人生のすべての行事が神様を中心におこなわれています。

【「全日本昇華祝祭」by孝成教会】より


統一教会では、人の命は、死んでからは、肉体を脱いだ「霊人体(魂?)」が、霊界に行き、永生(永遠に生きる)するといわれています。

では、その永遠の世界(霊界)と、今のこの世は、どんな関係がある
のか?それは、霊人体を「清く、正しく、美しく」育て上げるため。

「愛の人格(霊人体)完成」がこの世の人生の、最大の目的。
そのために、己を高め、愛を深め、神を愛し、親を愛す。
隣人を愛し、夫婦で愛しあい、子供を愛し…万民を愛す。
愛して作り上げるのが、霊人体。
それも、不純な愛ではない。神からくる、「真の愛」で愛す。

愛の結実としてこの地に生まれた命。
愛し、愛され、伴侶を得て、家族を創りあげ、
そして霊界へと旅立っていく。

神様の愛の懐へかえっていく…。

生まれる前から、死んだ後まで、って、すごいことだと、思いませんか?

それが、統一教会。

一度、いらしてみませんか?

孝成教会ホームページ
 http://kouseich.seesaa.net/
sc0001 (2).jpg
posted by いち at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152724736
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。