2010年05月28日

世界的指導者、著名人によるメッセージ

少し前に、著名人で統一運動に賛同する方を取り上げました。

統一運動に賛同する方々(2009.11)
 http://ichishick.seesaa.net/article/131771672.html

最近では、2/29の、文鮮明先生の誕生日のお祝いに、オバマ大統領さんや、金正日委員長さんの祝賀の贈り物やメッセージがメディアの注目を浴びております。

ご生誕日におけるオバマ大統領からのメッセージ「尊敬する文総裁へ」-文鮮明先生自叙伝 『平和を愛する世界人として』 (ポータルサイト)より
 http://rev-moon.info/article/142102429.html

また、マザー・テレサさんが、過去、文鮮明先生に関する賛同以上のコメントがなされていたことが、明らかになっております。

文鮮明先生を証した人々-統一教会に入って良かったこと より
 http://dearestfather.blog118.fc2.com/blog-entry-18.html

あまり、よい言い方ではないのでしょうが、こういった話題を挙げると、「統一教会は著名人に取り入って、広告塔にするのがうまいから!大金をみついだり、うまくだましたり…」という方がいらっしゃるのです。

真実のほどは分かりませんが、そういった「著名人」たる人物が、そんな簡単にだまされるもんなのでしょうか?
実力と信頼を持ちえてこその「著名人」ではないのでしょうか。

逆に、本当の価値を統一教会に見出されたことの表れではないでしょうか。それゆえに、「世間」のバッシングや制裁にひるむことなく、どうどうと統一運動を証されている。


motherteresashokai.jpg


ましてや、仮にもアメリカ一国に責任を持つ大統領に対して、そして、何者にも動かされず、祈りと啓示で神様の僕、万民の救いをなされてきたマザーテレサさんに対して、「統一教会に利用されている」、これは失礼ではないかと思うのです。

そのようにいわれた方は、自らの言葉に責任を持っていただければ、と思います。

話がそれますが、その言葉によって、命がけで拉致監禁への道へ足を踏み入れることを決意した父母の方がいないと、言い切れますでしょうか?

聞けば、統一教会に対する行き過ぎたイメージの植付けによって、絶望して自殺までされた、(教会員の)父母がいらっしゃるといいます。拉致監禁によって、自ら命を絶った食口もおります。

私の親も、(私自身に原因があることも多分にありますが)、この「統一教会のイメージ」によって、今も眠れない夜をすごしています。本当に心が痛いです。

早く、一日も早く、世の偽りがなくなっていくことを祈る次第です。
posted by いち at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。