2010年05月18日

尼崎教会ご訪問

少し、用事があって、大阪に来ています。

近くの教会でお祈りしたい気持ちになりました。

最寄の教会を調べてみますと…。

尼崎教会が、JR塚口駅からすぐのところにありました。

電話でお尋ねすると、「どうぞっ、いらしてくださいっ」と、

大歓迎の雰囲気。

近くまで来たのですが場所がわからなくなり、電話して、お尋ねしましたのですが、説明がよくわからない…。

と思ったら、別の婦人の方が探しに来ていて!
(食口の雰囲気って、なんとなくわかるんですね)

声をかけられ、教会まで案内してくださいました。

礼拝堂でお祈りさせてもらい、ありがとうございました…と
出ようとしたところ、教会長さんが少し会いたい、というらしく…。

ご多忙なのに、ふらっと立ち寄っただけの私にお会いしてくださるなんて…、恐縮です。

と思って縮こまっておりましたが、教会長さんとても気さくに語りかけてくださいました。お茶を手に、机を囲み、しばしお話をしてくださいました。

(うろ覚えもあるので、適切な内容ではないかもしれません)
特に印象に残ったのは、
「生命(命)も、愛も大切だけれど、お父様(文先生)が語られるのは、血統がもっと大切。生命は2代、長くても3代しか続かない。愛も生きている間しか続かない100年ほどではないですか。でも、血統は、ずーっと続くものです。
統一教会は、その血統が大事であり、それを本当に守っていくことを教えています。
今の家庭で、離婚、別居、家庭内離婚は、不倫、浮気、つまり異性問題からくるのがほとんどであるといわれています。
血統を大事にすることで、そういった異性問題はなくなっていくのです。
また、今の日本は、霊的なもの、神霊的なものが本当に弱い。(気力?)
自殺したい人は、生きる霊力(気力)不足。
日本人は、信仰をもって、霊力、気力を補っていくと、自殺、ニート、浮浪者の問題も解決されていく…」

祝福結婚は、永遠の血統を清める場であり、転換していく場です。
自らと家族の永遠の生命と、永遠に続く(べき)血統を清めていく…

目からうろこが出てきたおもいです。
出会いに感謝。導きに感謝。神様ありがとうございます。
posted by いち at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。