2009年11月08日

キリスト教の牧師さん。文鮮明師自叙伝「平和を愛する世界人として」に感動!だって!

統一教会は、正式名称、世界基督教統一神霊協会といいます。
「なんだって!?世界のキリスト教を統一する?!」
「なんて傲慢なんだぁー!」とクリスチャンの方は考えるかもしれません。
また、教義の一部を示した『原理講論』では、「イエス様は、本当は十字架にかかるためにこの地上に降りてこられたのではない」と説明しています。
これだけを単純に見てみると、キリスト教の「(罪を持たない)イエス様が、私の罪を背負って、十字架にかかっていかれた」という「救済観」をまっこうから否定してしまうようにも感じられます。
「十字架」は「救いの象徴」なんです。その「十字架」をおろそうという運動までしているのが統一運動なんです。

※本当はその前後を含めて判断するとわかるのですが、もちろん、まっこうから否定しているわけではないのですよ。

一部のキリスト教の方から、嫌悪されてしまう一因であると思っております。反対牧師さんの動機のひとつになっているのではないでしょうか。
 【参考⇒】http://rachi.info/article/130293468.html

ところが、今日、以下の記事を見つけ、とてもうれしかったのです。

○キリスト教牧師が、文鮮明自叙伝に感動!【「統一教会の正体」 より】
 http://seijoch.blog34.fc2.com/blog-entry-49.html
ある、キリスト教牧師は、この自叙伝を読んで非常に感動し、礼拝壇上で、「信者さんたちに、是非読んでみるように!」と、勧めたそうである。
日本の国民の方々よ!
この、文鮮明先生の自叙伝を、是非、読んでみて頂きたい!
記事より抜粋】


統一運動は、宗教同士の和合と協調を目指しています。
文鮮明師は、世界の宗教のそれぞれの経典を調べてみると、ほとんどの宗教の7割以上が共通していると語られています。

神の願いは「1つになること」だ。統一教会員 デデボーのゴロゴロ読書より】
 http://uc-nn.info/article/130253055.html


お互いを認めて、ひとつになっていきたいです。
今日も世界で「違い」による争いや排斥が起きませんように!

私の中でも、私の周りでも。


posted by いち at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132359331
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。