2009年10月30日

子供に、どんな教育をするのでしょうか?

父母は息子娘にどんな教育をすべきでしょうか?
知識教育をするのではありません。愛の教育をしなければなりません。


文鮮明師は何年も、何十年も、変わらず、「真の平和は、家庭から始まる」と叫ばれ、真の教育論についても語り続けてこられました。
そしてここ数年、その子女達が韓国、国内外の人々が注目する様な、すばらしい人となって、各界で活躍しておられます。
文亨進師は、様々な宗教の和合を模索しておられ、仏教界、キリスト教界、イスラム界の指導者の賛同、支持を得てますます大きく深く活動されております。
韓国の統一財団を奇跡的に立て直された文國進師は、文鮮明師の4男です。多くのメディア、財界が注目しております。
文顯進師は、世界各地に飛ばれ、グローバル・ピース運動を展開されております。宗教・民族・国家の枠を越え、神の元の人類一家族世界の建設に向かって休まれることもありません。
多くの人が敬意をはらう、多くの人を指導し、導く文鮮明師の子女達は、自らがその実体を持って、文鮮明師の語られる内容の確かさを証明しております。
本当の親孝行の姿だと思います。
私も見習って、両親を証できる姿となって、親孝行をいつかなしていきたいと思いました。
○統一教会の教育論【統一教会の家庭教育】より引用
 http://seijotf.blog47.fc2.com/blog-entry-45.html


posted by いち at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。