2009年07月19日

父の祈り(文鮮明師の祈祷)[5]

<<前の記事:父の祈り(文鮮明師の祈祷)>>
@希望編(1)
A希望編(2)
B希望編(3)
C心情編(1)



背反し背信した哀れな群れをお許しください

お父様!
今まで私たちに飛んできた
すべての悪の矢をへし折ってください。
私たちは彼らを恩讐とは思いませんので、
彼らを許してくださいますことを切にお願い申し上げます。

お父様の行路は善であられますので、
善の結果が現れなければならないことを思うとき、
そのためには
許しと寛容が本質的に現れなければならないということを
私たちは知っています。
あなたは善の本体であられるので、
無限なる愛と寛容で
この国の数多くの宗教者たちが
統一の子女達を迫害した過去のことを
お許しくださいますことを切にお願い申し上げます。

その間、統一の門をたたきましたが、
迫害の道、
涙の苦難の道を開拓する途上で、
慰労を受けることのできる一人を迎えることができなかったがゆえに、
孤独に苛まれて落ちていった者もいます。
また、
この道を行っている多くの人々が
疲れていることも知っています。

このように離れていき、疲れているのは、
私たちの過ちよりも
備えることのできない環境によって
そのような立場に立つようになったということを知っています。
そうして、
きょうも道々で、
あるいは置かれている場で
あなたに向かってこうべを垂れ、
許しを祈っているであろう彼らの姿を思いますとき、
恨みの積もったお父様のご心情を解いてさしあげたい
耐え難い悔しい心情もございますが、
恩讐の子供を訪ねてこられた
お父様の哀れな復帰の道を思うならば
涙をのんでこの者たちを再び
祝福するしかないということを知っていますので、
この者たちを許してくださいますことを切にお願いします。

善であった本然の子供として
美しい本性、
お父様の驚くべき本性の栄光を慕う私たちの心に、
ただ善だけが反映され、
善自体でもって和合することのできる真実なる姿が
私たちの心と体に現れるよう許諾してください。
そにょうな心情で真なる姿勢を備え、
すべてのものを信じ
善だけを追求する完全なる実体となって、
お父様と呼ぶことのできる息子となることを恋い焦がれる
この時間となることができるよう、
許諾してくださいますことを切にお願い申し上げながら、
真の父母のみ名によってお祈り申し上げました。アーメン。

(一九六九年一二月二八日)
【引用】「父の祈り[4](心情編)」


文鮮明先生は、人類の真の父母、再臨主、メシア、実業家、

宗教指導者…。色々な「名」で呼ばれる方です。

でも、真の父母、人類の親たるゆえんの一つに、この「赦し」

があると思います。すべての罪を赦し、足らないものがあれば

変わりに背負う。人類の罪、救いに、ただ一人責任を持たれ、

笑顔と愛で接されます。そして一人黙々と蕩減復帰の道を今も

歩み続けられるのです。

「完全蕩減の道」いったいどんな道なのでしょうか…。

◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇ □ ◇
ご訪問感謝いたします。よろしければ、今日も
OneClick、ご協力お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
posted by いち at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。