2009年06月16日

祈りとは?(お祈りA)

お祈りしたことありますか?

では、祈りとは、なんでしょうか?

1.祈りとは?
 祈りとは、一言で言えば、「神との対話」です。
 天地を創造された親なる神に対して、子である私たちが、
神に通じようとして対話を求めていく行為をいいます。

2.祈ることの価値
 神学者のE・M・バウンズは、祈りとは、
「人間のなし得る最高の業」
といっております。

「神様…」というあらいぐまっていないですよね。
何もないところに向かって、手を合わせるチンパンジー、
見たことありますか?

動物が、祈ることはないのです。

無形なる天地創造の親なる神と直接意志を交し合い、心情を
交し合うことのできる特権と能力は、人間にのみ与えられた
ものです。そのように考えると、まさしくこのバウンズの言
葉は、味わい深いものです。

3.なぜ祈りが必要なのか

最も大切なことは、あなた方が自分で祈りの必要性を感じることです。あなた方はおなかがすけば食べたくなります。
同様にもし祈らなければ落ち着かないというくらい、祈りの
必要性を何度も感じたときに、あなたは意義深い祈りを体験
することができます」 〜Rev.Moon〜



Kocho.jpg

次回に続きます。

☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★
今回も読んでくださり、感謝申し上げます。
よろしければ、ワンクリック、ご協力お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

ラベル:祈祷 祈り 神様 み言
posted by いち at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。