2009年04月28日

神様は常にあなたのことを愛しておられます

神様は常にあなたのことを
愛しておられます。

ですから、あなたは

神様に愛された分だけ

多くの人に尽くしてあげなさい。

人の和は、与えることによって

大きく広がっていきます。


−こころの四季より−



神様が何故見えないか? 神様が見えたら、見える神様を皆が奪おうとして、争うでしょうか? 争わないでしょうか?…

宇宙を包み込む大きさの神様が常に見えるとしたら、どしんどしん、常に心が休まらないでしょう。

…といわれます。

神様は見えません。

でも、人間である限り、神の子として、神様から常に愛を受けている私なんだ、と考えたとき、心があったかくなるのを感じます(感じますか?)

きっと、その時、見えない神様が私の心に訪ねてきてくださったんだと
思います。

posted by いち at 00:09| Comment(0) | み言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。