2010年09月29日

中国の漁船が日本の領海に不法侵入した上、故意に日本の船を破損したのに、あえて船長釈放したのに、日本は中国から批判されるのでした。



政治的判断は、あまり良くわからないので、いち素人のいち意見ですが…。

中国側には、「目的(野心)」があり、それに向けて、あらゆる出来事を、最大限に

利用して目的達成のため、粛々と歩んでおられるようです。

今回、日本の「友好国への好意」(地方の判断で終わってしまったのでもっと残念です)が、

ちゃんと、相手に伝わり、なおかつ、世界に伝わればよかったのに。

もったいない。残念でなりません。

ひとの言葉ですが、以下の、この部分。私も思いました。


船長を解放する時に首相声明や官房長官声明を出してこういうべきだった。

『日本が国益を考え、日中間相互とアジア全体の安全と平和のために、"敢えて"政治的に妥協して船長を送り返した。この度の船長のした事は、日本に対する明確な侵略行為であり、正義は我々の側にあるので、今後こういう事がないように、中国政府はもっと努力すべきである』
【引用元:藤井厳喜氏-YouTubeのビデオメッセージ



世界日報でいっていることも、まとも。(みなさんも、そう思うかも)


桐蔭横浜大学法学部教授のペマ・ギャルポさんは、今回の日本政府の動きについて、次のように述べ、嘆きます。
「独立国家日本は主権を放棄し、国家としての尊厳を失った。今回の中国漁船による日本の領土領海侵害に対する日本政府の対応は取り返しのつかない愚かな判断であったと思う。実に残念で情けない」(世界日報2010.9.28、12面
【引用元:天地の諸事情


強さがないと、国も国民も守れません。言うべきこと、やるべきこと、これだけは、

国のトップとして、やってほしかったなぁ、という思いが、強く残ってしまいました。


あなたは、どう思われますか?
ラベル:事件
posted by いち at 12:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

荒川ムーンカフェへようこそ!

為になります!

教会の先輩方が、今の世の中を見て一言申されます。

荒川MoonCafe
 http://kokoro.p1.bindsite.jp/index.html

  メインページ
 http://kokoro.p1.bindsite.jp/home.html
荒川教会の壮年部の有志が中心となって、政治・経済・教育・宗教・社会…をテーマに語られます。

統一教会の、文鮮明師の教えを、生活化すると、世で、
迷宮入りの事件や、価値を見出せない人生に光を与えることができる!

壮年のかたがたのこれからのつぶやきに注目せざるを得ません。
そして、自らの学びのためにも。

とても気持ちいいデザイン
荒川MoonCafe|荒川壮年部|荒川ムーンカフェ_1285443448293.jpeg

私が気になるのは、「教育カフェ」最近の、親子殺人や、性倫理問題について、的確に
核心を突いた考察をしております。誰が読んでもうなずけるのではないでしょうか。

最新の、「子どもの権利条約」の内容には、激しく同意するものが、ありました(^^)

「教育カフェ」記事一覧 (9/26時点)

子どもの権利条約


従軍慰安婦問題 歴史教科書記述への意見


行き過ぎた性教育の現実と親の愛情と責任


「真っ当な教育」を!


小学校教科書に日本神話が登場


今、教育現場が危ない!


高校授業料無償化に思う


過激な性教育を憂う


公立学校の宗教的教育


子供虐待に思う


子供手当に疑問




個人的な妄想になりますが、荒川教会のみならず、本部教会にこういった
「カフェ」を作り、教会員が、世界平和の為に自由に語らう場があるとい
いなぁ…、と夢見たりするのです。

ご訪問、感謝申し上げます。よかったら、また足をお運び下さい。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
posted by いち at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

統一教会ってどんなところ?【教理紹介】[4]

【参考】
統一教会って、どんなところ?[1]
統一教会って、どんなところ?[2]
統一教会って、どんなところ?[3]

引き続き、教義紹介のビデオを、少し紹介いたします。
【参考】統一教会YouTube専用チャンネル登録動画一覧


【統一教会教義の紹介シリーズ】

C堕落について(その1〜4/全4話)
どうして幸せを得ることができなかったのでしょうか?







【リンク先】C堕落について[]/[]/[]/[]


次回は、D「メシヤとその再臨」を紹介します。

ご訪問、感謝申し上げます。よかったら、また足をお運び下さい。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
posted by いち at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。