2010年06月27日

統一教会員は人間ではない?(統一教会員の拉致監禁事件)

私は、統一教会に所属して、その信仰を持っています。

その、兄弟姉妹が、身内の勘違いによって、強制的に連れて行かれ(拉致)、閉じ込められて(監禁)、棄教・脱会のための説得をされている。
特に、本当に脱会するまで、閉じ込められ続けられている。大事な家族に、人間あつかいされない苦痛。どれだけ悲惨か。

この、「統一教会員の拉致監禁」のやり方に、私は反対します。

そして、家族にそのように薦め、指導し場所や人員の提供も行い、
現場でも、扱い方、接し方、手順の進め方等、細かいところまで
徹底して指導する人物がいます。通称「脱会屋」。

その手口を知れば知るほど、巧妙な、ずるがしこい、そして、教会員
を人間と思っていない、脱会屋のこころが見えてきます。

十年以上、「愛せ、赦せ」と言い聞かせながら耐え、「負けてはならぬ」と、さらに信仰の炎を燃え上がらせながら、愛して、赦す、「戦い」を続けてきた兄弟姉妹たちです。

時間を経て、今、この事を聞いて、数名のジャーナリストさんが、声を上げてくださいました。拉致被害者、関係者による、「拉致監禁をなくす会」が立ち上がりました。12年以上も拉致監禁され、それでも信仰をもったまま、帰ってきた後藤さんが、声を上げました。教会本部も、教会員が、動き始めました。

なにより、この「拉致監禁による強制説得」をなくすのが、一番の願いです。「加害者」の立場になってしまったご家族よりも、その裏で指導、主導してきた、脱会屋とその一味が、今、白日の下にさらされ、過去の事実が、明らかにされていくときだと思います。

最近、有田芳生さんが参議院議員選挙に立候補されました。
まずは、この脱会屋の一味として、拉致監禁に関わってきた過去を何らかの形で清算していただいてからでないと、政治家として日本をまかせられないと思うのです。

だから、ご本人様に、今も続くこの拉致監禁事件にどう対されるのかを、お伺いしたいです。

[参考] 有田芳生氏、「拉致監禁・強制改宗への関与」をやはり否定できず!:イザ!#C1713007
 http://feather.iza.ne.jp/blog/entry/1663963/allcmt/#C1713007

[参考] ジャーナリスト「溝口」様のつぶやき
 http://twitter.com/feather3318
  有田芳生さんへの質問: 
  1.有田氏は妨害・中傷とあえて騒いでいますが、実際は、拉致監禁被害者が加害者関係者への抗議です。もちろん、人権侵害をしながら選挙にでることへの不服もあるでしょう。
   http://twitter.com/feather3318/status/16819311591
  2.有田芳生氏、「拉致監禁・強制改宗への関与」をやはり否定できず
   http://twitter.com/feather3318/status/16696754410
  3.民主党公認 有田芳生氏の主張への質問 @aritayoshifu @政治の主人公は「国民」→ この「国民」に統一教会員が含まれていますか? A夢ある政策(拉致問題の一刻も早い解決を)→統一教会員が拉致されていたとしたら許せないですよね?
   http://twitter.com/feather3318/status/16741390374

[参考] 拉致監禁をなくす会
 http://rachi.info/ 
 
[参考] 世界日報の特集より“拉致監禁”の連鎖
 http://www.worldtimes.co.jp/special2/ratikankin/100623.html

これは、事実です。本当だと、思われますか?
posted by いち at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

あやぽん、5000サイト突破?

おめでとうございます!!

まもなく5000サイトになります。|あやぽん RSS! 素敵なカスタマイズ
http://ameblo.jp/ayaponrss/entry-10563714730.html#c10782997836

「あやぽん RSS!」、ご存知でしょうか?

愛用させていただいています。→ 他の食口のブログ

5000サイト、というとそれだけでは正直、ピンとこない数字です。

5000という数字、ちょっと考えてみると、

たとえば、わたしのブックマークへの登録数は、120サイトぐらい。
もちろん、一日に見るサイトの数なんて、両手の指に収まります。

仕事や、ブログの記事のためなどで、なにかネットで調べモノ…となると、20サイトは、超えますでしょうか?

少しねっとで調べてみても…。一日5000アクセス以上あるサイトなんで、ほんの一握り。

Twitterでも、5000人以上のフォロワーを持つ人は、多くないでしょう。

ネットで5000人、集めるのも、難しいということだと思います。

あやぽんさんのツールも、それだけ、多くの人に認められた結果なんだと思います。

実際使わせてもらっていますが、とても、重宝いたします。

サイトを登録するときはコレクター魂をくすぐります。

ビューを見るときは、最新の更新がすぐわかります。(当たり前ですが…)

近いうちにバージョンアップも検討されているようです。

(参考)あやぽんRSS!正式版開発ちゅうスタッフブログより)
http://www.zerofactory.jp/2010/03/rss.html

ますますの発展がきたいされますね

次は7000サイトでしょうか? 1万サイトでしょうか?

バージョンアップも楽しみです。これからも、お世話になりますね。
posted by いち at 22:42| Comment(1) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

おやのきもち

父子の関係こそが、宇宙の根本的な立場である。
み旨の道より


教会に行くと、牧師様や神父様は、「神様」とは言わず、「天の父」、「天にまします、われらが父よ」といいます。

天理教では、「親神様」と呼びかけるそうです。

私たち人間ひとりひとりが、神様からみて、かけがえのない「ひとり子」だといわれます。

では、その「親なる神様」の気持ちって、親になるとちょびっとだけでもわかるのでしょうか?

私の両親は、私がどれほど「親孝行でなく」、「ドラ息子」であっても、ほっときません。ほっとけない様です。
正直、そんな親を持って幸せものだと思います。

でも反面、なぜ、そこまで「愛しがいがあまりない」、「投入してもかえってこない」ような、放蕩息子にここまで愛情を注いでくれるのか、正直、納得できない時もあります。


「親の気持ち、子知らず」そんな言葉が返ってきそうです。


「親にならなければ、ほんとの意味で親の気持ちは分かりません」

今日、生まれて28日目を迎える我が子のにっこりするのを初めて目撃しました。(家に帰るとだいたいわが子は寝ているから機会があまりなかったのかも)

めちゃくちゃ、感動しました。

このうれしさ、この気持ち、初めてかもしれません。

もしかすると、「親子」は今まで思っていたのよりも、もっと、もっと、大きいものかもしれません。

「親の心情、僕の体」とは、文鮮明先生がよく語られる言葉。

もしも自分の周りの、全ての人に「親のこころ」で接していくことができたら、本当に争いのない、世界が到来するのかも。

家庭の中で、いわば兄弟姉妹同士の関係が、どちらかというと「同じ目線」の関係です。意見が合わねば言い争い。そしてけんかになることも。

でも、もし、(いい意味での)親が子を見る、「親の目線」に立つことができれば、許せないことも、受け入れられないこころも、変っていくのでしょうか。

親の気持ちに、すこしでも近づきたい。

神様のこころに、ちょっとでも近づきたい。

改めてそう思います。
posted by いち at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。