2009年11月25日

愛が欲しい

うまくかけないかもしれませんが…。
愛のある人になりたい。
切に思います。

愛は、関係性の中から生まれます。統一原理の言い方だと、「授受作用」によって生まれる。
つまり、愛は、相手がいてこそ具現化する。相手がいないと愛が表れない、というのでしょうか。相手が絶対必要
人に優しくすることだけが愛ではないと思う。厳しくすることだって愛。
「どのように接するか」、よりも、本質は、「どんな動機で接するか?」ということ。
どれだけ、「相手のために生きることができるか」ということ。

でも、愛は、育ちにも大きく影響されます。端的に言うと、自分自身が愛されたようにしか、人に愛することができない。受けた愛なら、与えることができる。生まれてこの方受けたことがない「愛」を相手に与えることは本当に、難しい事。
生まれて最初に受ける愛は、「親の愛」。家庭環境、単純に言うと、「親が受けてきたようにしか愛せない」わけなので、親の育ちが、私の育ちの「大きな原因」となる。では、その親(祖父母)の育ちが…、とたどると、出会ったことの無い、ご先祖様の愛の器が、私の愛の器の「大きな原因」となる。

この、巨大な、歴史的な愛の連鎖の中で、生まれ育った私が、それを遥かに越えた「愛」の人になるためには、どこかで、「遥かに大きな愛」を受ける体験をするのが、実は近道になるのです。

この、「遥かに大きな愛」はどこに? それが「真の愛」。神様が、私たちに対するときの、「与えて、与えたことを忘れてまた与える愛」、「無限に無償の愛」をどれだけ実感するか、体感するか…。

私が神様に出会い、己の愛の器の小ささを痛感して、せめてこれから、この「ひび割れだらけの愛の器」を作り変えたいっ。と思ったのが、今、ここにいる、一つの理由です。

神様の真の愛を相続しよう!
UCtirashi_b1_Baner.jpg
posted by いち at 22:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。