2009年11月23日

日曜日は、安息日とも言うんだって!?〜統一教会の正体より〜

安息日を覚えて、これを聖とせよ。
〜旧約聖書:出エジプト20/8〜


日曜日は、基督教(ユダヤ教)での「安息日」の意味から、休日とされたといわれています。

神様が、6日(段階)をもってこの世の全てを創造して、人間始祖アダム・エバまで創造されて、7日目に安息された、という聖書の聖句が基となっております。

基督教では、この日に、主である神様とイエス様に礼拝を捧げるのが慣例です。

では、安息日って、どんな一日なんでしょう?そして、統一教会では安息日は、どのような日と説明されていますか?
「安息日を聖なるものとして守る目的は、神様が願う国を建て、人類を救うことでなければなりません。キリスト教が安息日を守ってきたのは、この日を聖なるものとして守ることにより自分自身が昇華あれ、自分自身を思う、すなわち救いという目的に重点を置いたためです。
私たちが安息日を守る目的は、自分の救いの道を促進することでもありますが、さらに進んで全体を救い、今後神様の摂理である国と世界を救うという目的に、より重点を置いているのです。これが、より高い責任をもつ神様の願いであることを知らなければなりません。」〈文鮮明師〉
【「統一教会の正体」より抜粋】


神様を慕い求め、感謝と讃美を捧げていく日に。世界の平和nために祈りを捧げる日にしていきたい、と思いました。
もう今週も火曜日になってしまいますね。今日も皆様、お疲れ様です。
明日も神様と真の父母様の守りと導きが豊かにありますことをお祈りします。

そして、一日、一日を、さらに有意義に過ごしたい、と思いました。
posted by いち at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。