2009年11月05日

日本ではニュースにすらならない【拉致監禁の事実[8]】

アメリカ国務省が毎年発行している、「国際的な宗教自由に関する報告書」の2009年版が発行されました。

○2009 Report on International Religious Freedom【米国防省HPより】
 http://www.state.gov/g/drl/rls/irf/2009/index.htm

この様に幅広く、世界中の宗教や国家に関する調査ができるのもアメリカならでは。当然、世界中の首脳・メディアが注目する報告書の一つです。

ところで、この報告書に日本の統一教会拉致監禁問題が取り上げられています。以下、新聞切抜き
○「米国務省が統一教会信者の拉致監禁被害を問題視」●世界日報2009/10/28
 http://www.chojin.com/nippo/goto_beikokumusho091028.htm

この世界日報は統一教会に賛同してくださる新聞ですから、取り上げておりますが、アメリカの国務省が取り上げても、日本の政府やマスコミは触れもしません。

これは取り上げられている原文です。
The Unification Church reports that on February 10, 2008 an adult member of the Church who had been held against his will by his family members for over 12 years was released and went to Unification Church headquarters. The Unification Church alleges no one has yet been charged and an investigation has not been conducted as of the end of the reporting period.
原文から一部抜粋】

↓ ↓ ↓ ↓ 和訳してみました。↓ ↓ ↓ ↓
統一教会は、12年間以上彼の親族によって、自らの意志に反して拘束(be held)されていた大人の教会のメンバーが2008年2月10日に解放されて、統一教会本部に行ったと報告します。 統一教会は、この報告の調査期間の終わりの時点で、まだだれも起訴されていなくて、また行われていないと申し立てます。


この「隠された」事実、あなたは、どうおもわれますか?

<関連資料>
○統一教会信徒の拉致監禁問題[Wiki]
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B1%E4%B8%80%E6%95%99%E4%BC%9A%E4%BF%A1%E5%BE%92%E3%81%AE%E6%8B%89%E8%87%B4%E7%9B%A3%E7%A6%81%E5%95%8F%E9%A1%8C

○拉致[Wiki]
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%89%E8%87%B4

○拉致監禁をなくす会
 http://rachi.info/

○火の粉を払え - 米本和広ブログ
 http://yonemoto.blog63.fc2.com/

○室生忠の宗教ジャーナル
 http://www7.ocn.ne.jp/~murou/





続きを読む
posted by いち at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 反対 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。