2009年11月30日

文鮮明師という人物

…真の父母様の正体性を知ろうとすれば、まず霊的な目を開かなければなりません。肉身の目だけで真の父母様を見るならば、大きな宗教を創設された方、愛国者、世界平和を追求する指導者とだけしか見えないでしょう。もしもイエス・キリストを肉身の目だけで見たとすれば、世の中で活動しているユダヤ教の一教指導者としか見ることができず、神様の息子として、メシヤの使命を持って来られた方であることを知り得なかったでしょう。霊的な目を開けなければ、イエス様が私たちのために死なれて、復活されたという復活役事を理解することができず、心情の変化も感じることができず、救いと新しい生命を感じることもないでしょう。
それと同じように、私たちが真の父母様を肉身の目だけでしか見ようとしなければ、偉大な韓国人としか思わないでしょう。しかし霊的な目で見るならば、真の父母様がまさにどのようなお方であり、なぜ真のお父様が行事の度ごとに8 時間、10 時間、12 時間もの間み言を語られるのか、どうして世の中の人々が到底理解することができない行動をされるのか、どうしたらあのように汗を流しながら、VIP たちに対しての配慮もなく、12 時間もの間み言を語り続けることができるのか、ということを理解するようになります。霊的な目で見てこそ、私たちのために死んで、死んで、また死なれる父母の心情、それでもまた死なれようとされる、神様の真の愛の本質を相続し、勝利された真の父母様、イエスの使命を完成されたお方、霊的な目を開いてこそ真の父母様を正しく理解することができるのです
【文亨進UPF世界会長就任の挨拶より抜粋】


ある友人が、文鮮明師の写真をみて、「普通のおっちゃんやん」(表現が悪くてごめんなさい)と言ったのを思い出しました。

実は、(最近は特に)、韓国(、あるいは、いくつかの国や、諸団体)においては、文鮮明師は「偉大なる韓国人」という評価が定着しているそうです。

私の、最初に文先生を知ったときの印象は、「すごい人」でした。

しかし、「偉大なる人」は世の中に無数におります。
歴史上においてもナポレオンは3時間しか寝ない人だったし、ローマ帝国は世界のほとんどを掌握しました。

「たんなる偉大なる韓国人」で、説明が終わる方ではないというのです。

愛や魂といったものは、残念ながらそうお手軽に見ることはできません。例えばどれだけ魂が清くても、逆に「腹黒く」ても、目・鼻・口はだれでも同じように顔についておりますし、それらを見て判断するのは、ある程度ならともかく、全部を見抜くのは難しいのではないかと思います。

人間は、「霊」と「肉」によって、(表現を変えるなら見えない要素と見える要素によって)できているというのは、世の大多数の物の見方だと思います。
最近の文亨進世界会長の話では、「7回死なれて、そのたびに愛によって復活された方」という表現もされています。人間、基本的に一度しか死ねません。「霊の目」によって見えてくる世界なんだと思います。

たとえ見えなくても、「事実」は存在するのです。

文鮮明師は、本当の、世界平和をなすために歩まれております。「肉」だけでなく、「霊」においても、両面においてなされるのが、真の「平和」「平穏」「幸福」なのでしょう。
Aboji_Irori.jpg
「霊の目」をみがき、「見えない事実」がわかる人になりたいし、文鮮明師の本当の姿を知って、その本質の姿に近づいていきたいと思いました。
posted by いち at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

統一教会の真髄の一端を感じる

…皆さんもご存知の通り、私たちは信仰から始まった団体です。16 歳のときに真のお父様は、イエス様から直接人類救援の使命を受けられ、メシヤ、救世主、再臨主として、イエス様が成し遂げられなかった使命を完成されるためにご苦労の道を歩んで来られました。そのような信念をもって今も全世界に向かって歩んでおられます。
私はハーバード大学(Wiki)で宗教学を専攻しました。ユダヤ教、ヒンズー教、イスラム教などの世界宗教を勉強し、研究しながら、とても衝撃な内容を聞き、学びました。特にその内容の中には、新しい宗教を紹介する部分がありました。バハイ教、創価学会、モルモン教などについての新興宗教の内容です。これらと同じく学校では統一教について非常に重点を置いて教え、説明しています。お父様についても紹介し、基本的な統一教の信仰が何であるのかについても詳細に教えています。
宗教歴史において、創始者当代にこのように世界的に成長し、発展していった宗教は今までなかったと教えています。これはハーバード大学においても認めている内容です。
イエス様は十字架の道に行かれ、お釈迦様も80 年人生の中で迫害を受けられながら、世界的に教えを広めることはできませんでした。またムハンマドがメッカに入ったときにも世界的に教えを伝播することができず、モルモン教の創始者ヨセフ・スミスとバハイ教のバハオラも牢獄で生涯を終えたと言います。客観的に見たとき、統一教がこのように成長したという事実には神様がともにあられるという証しでもあります。
【文亨進UPF世界会長就任の挨拶より抜粋】


091007HyunJinMoonPhoto.jpg
文亨進師は、統一教会の現世界会長であり、文鮮明師の11番目のご子息であります。先日、UPFの世界会長を兼任されることとなり、その就任式での挨拶文(の和訳文)を入手したので、その中から目に留まったところを抜粋してみました。

おどろいたのは、ハーバード大学でも立派な、「新興宗教」として認められていること。(今更ながら…)
教祖が健在、活動中の宗教でこれだけ勢力を伸ばした宗教は、歴史的にも世界的にも珍しいこと。(そうだったのかっ!)

信徒である、自らが、この宗教の価値、深さをまだまだわかっていない。文鮮明師は、本気で、世界平和、人類一家族世界の実現を思い描き、必ず成される事として、確信的に、精力的に、具体的に様々な活動を展開されている。

その真髄をもっと深く、明確に知って、その活動をまず私自身、私の家庭で、展開していく自らになっていきたいと、思いました。
posted by いち at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

言葉。

先日、記事の中で、「私の心に残る一言」を教えてもらいたいなっとつぶやいたところ、コメントで答えてくださった方が2人もおりました!
とても感動いたしました。この場をもって、紹介できればと思いました。

○元の記事:「神様、あきらめないから!」(11/22)
http://ichishick.seesaa.net/article/133645325.html


罪深いからこそ勝利して欲しいんだよ
スーさん様】

以下、コメント引用↓
素敵な証ですね(^^)
私のことも諦めずに導いて下さっている神様を改めて感じました。
私の心に残る一言は、祈りできいた
「罪深いからこそ勝利して欲しいんだよ」
です(^^ゞ
私のブログの記事にもしてあるので、
よかったら見に来て下さいね〜(^-^)/


はい。ありがとうございます。早速見に行きました(^^)
等身大の、ブログに親しみがわきます。
このみ言はとっても深い。そして深い愛情が感じられるみ言だと思います。見守られているというか…。
いいですね。ありがとうございました。
アメーバピグってそんなに面白いのでしょうか…やってみようかな…。

神様は見捨てたりしないよ、本当の親なんだから。
【ひろちゃん様】

以下、コメント引用↓
心に残る一言というか昔の証しですが桜井節子先生におりた神様からのメッセージでしょうか?神様のメッセージでお前は私の子であるからだというあのメッセージです。そのメッセージを読んだ後に私にもいちさんと似たような経験があって今も落ちこぼれ食口なのでもういいや、神様も父母様も忘れると思ってカイン的になった時にスタッフのお兄さんやお姉さんに言われた言葉は神様は見捨てたりしないよ、本当の親なんだから。そして一度縁を結んだら神様は絶対に離してくれないのです、そして今このコメントを書いていて思い出しました。4DAYの時にチャーチマザーの言った言葉でかつてノアを選びアブラハム、イサク、ヤコブ、多くの義人、聖人、イェス様、そして真の父母様を選んだ神様と〇〇さんを選んだ神様は同じ神様であり〇〇さんが生まれる前から愛して導いてくれたんですよ。という言葉でした。私も頑張って神様に愛をお返ししていきたいです。


いつもコメント、ありがとうございます。そうですね。
神様見捨てないですよね。だから、もうちょっと、がんばってみようと思います。力が出るコメントでした。

あなたも、もっていますか?
心に残る一言」。
よかったら、教えてください。
posted by いち at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。