2009年10月26日

み旨の道[21] 〜神様の苦労〜

イエスの苦労は三十三年の苦労であり、モーセの苦労は百二十年の苦労であるが、一人の方の苦労は天と地が屈服するものであり、サタンも痛哭するものであり、したがって世界はその一人の方のものとなるであろう。これが神様の苦労なのである。
〜み旨の道より〜


文鮮明師は、人類全ての涙を取り除くために、イエス様は33年の人生・苦労の道を歩まれた、と語られます。そして、神様は、今も人類全ての涙を取り除くために、私の、あなたの、幸せのために今も苦労しつづけておられると、訴えられるのです。
そんな「神様」をあなたは受け入れられますか?
イメージしてみてください。
この世から悲しみの涙が取り去られる日、神様が目指す、全てが平和な世界。
その日を迎えるため、その日を迎えるまで、休まれることの無い神様。
でも、「その日」を迎えるためには、神様だけではなんともならない部分がある事。
そして、その部分には、私や、あなたが一枚かんでいる事。
だから、「その日」を迎えるために、私にしか・あなたにしかできないことがある、としたら…
そして、それを果たすことが、神様の苦労の涙を一つ、拭い去ることができる、としたら…

イメージしてみてください…


☆ ★☆★ ☆★☆ ★☆★ ☆★☆ ★☆★ ☆
ご訪問、感謝申し上げます。今日の大田はかなり冷えます。
そしてインフルエンザの猛威が!くれぐれも、お体ご自愛ください。
よろしければ、↓ご協力お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
posted by いち at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | み言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。