2009年10月24日

子供大嫌い。結婚したい!

こんな投稿を発見しました。



子供は大嫌い。でも将来の事(安定等)を考えると結婚したほうが有利。
こんな私は結婚できますか? …と。

悲しくなりました。

この世には、男と女が存在してます。男と女がいて初めて子供が生まれる、人間はそうできています。

子供の無い人生。
形式、法的結婚、情の交わりの浅い夫婦関係。

浅い人間関係。あたらずさわらず。楽な生き方だと思います。でも人間の構造を考えてみるだけでも、自らの存在に矛盾した生き方って幸せなのでしょうか?

子供がほしくてもできない人がたくさんいる中、この方の発言は、悲しくなるし、この世をつくった神様の思いを推し量るとなおさら悲しくなります。

でも、この方の発言には情の薄さを感じてしまいます。

情が育ちづらい環境で生きてきたのでしょうか?

文先生が語られるのは、原理が伝えるのは、「人は、自分が受けた以上に人に愛を与えることは難しい」ということです。自らの心に愛情が満たされていなくて、空っぽなのに、人にどうしてその愛情を分けて上げられるのでしょうか?できないから、関わり合うのがしんどい。めんどくさい。かかわってきてほしくない。干渉してほしくない…のでしょうか?

愛し、愛される関係。愛すれば、愛が返ってくる。そうすれば、もっと愛を与えたくなる。人間関係が深くなってくる。うれしくてたまらない!
これがこの世のことわりです。
愛する喜び。この刺激に勝るものは無いかもしれません。

この方が、情が啓発される、心が蘇る、善き出会いをなされますようにお祈りいたします。

あなたは、どう思いますか?
ラベル:子供 結婚
posted by いち at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。