2009年10月20日

世界の視線

先日の祝福式の記事を別のニュースに見つけました。
○中央日報 - 統一教会の合同結婚式を見る世界の視線
 http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=121675&servcode=400§code=400

最近、米国のニューヨークタイムスとAP通信、イギリスのBBC、ガーディアンなど世界有力メディアが14日、忠南牙山(チュンナム・アサン)の鮮文(ソンムン)大学をはじめとし、あちこちで開催された統一教会の国際合同祝福結婚式を主要記事として扱った。国内メディアは故・朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の次女であるパク・クンリョンさん(55)夫妻が合同結婚式に参加したという点を詳しく書いた。国内メディアと電話インタビューでパク・クンリョンさんは「統一教会の奉仕精神と聖書の解釈に魅力を感じた」と語った。
【記事より抜粋】


結局は、宗教宗派、民族国家、文化思想を越えて、「幸せな家庭を築き、家庭を通して個人を成長。家庭を通して愛を育み、国家・世界を愛でつなぐ。『人類一家族世界』を築き上げる!」
これが統一主義であり、文鮮明師が目指す目標。私たちの目標。
しかし、誤解による、または私たちのいたらなさによる、誹謗中傷が少なからずあるし、日本では思想的妨害活動も大きく、評判が悪い現状です。「オウムより恐ろしい団体」とも言われているところが統一教会。

1食口としては、悪しきは改め、善きはのばす。日々成長・精進していきたく思います。ただ、皆様にはよく見てほしい。よく検証してほしい。そのための材料を提供させていだければいいと思います。

今日もご訪問ありがとうございます。
posted by いち at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。