2009年09月14日

神の創りたもう…[01] 〜銀河系〜


NASAが発表した、銀河系の最新の予想図。小学生のときに始めてみた銀河系の図と結構違うように感じます。アンドロメダ銀河とも違うし…。
銀河系の直径は、約10万光年と言われます。
この絵のように観測するには、20万光年ぐらいはなれたところに観測ポイントを動かさないといけないと思います。どうやって行くのでしょうか?!
このような、巨大な銀河系の中にいるわれわれがここまで正確(?)に描く事ができる科学のすばらしさに感動します。そして、この巨大な銀河がここまで美しく形成される不思議に感動。これ、ほんとうに偶然?!いやいや、はっきりした意志としっかりした計画が明確に見てとれますね。
やはり、神の創造のみ業としかかんがえられません!!

そして、文先生は、(死んで)霊人になると、時間と距離を超越して宇宙のすみずみまで、好きなところを回ることができるように、神様が人間のために宇宙を創造された、ともおっしゃられています。

そう! これこそが神様の親の愛! 

全部ダイヤモンドでできた星があるそうですよ!
早く宇宙に行きたいですね。

もちろん、そのためには地上にいる間に愛の器を完成させて、神様と通じて、神様の元に帰っていけますように!今日も精進・成長ですね。


★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆
ご訪問感謝申し上げます。
よろしければ、ワンクリック!ご協力ありがとうございます。 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

posted by いち at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。