2009年09月13日

自己否定→謙虚・謙遜

正直に告白すると、整理整頓や掃除は、基本的に好きなほうではないのです。めんどくさいから。(…毒吐いてしまいました…ごめんなさい)
でも、本当に必要だとは思うのです。何故?

いらいらすることがあります。生きていて、「自分の思い通りにいかないこと」、いっぱいあると思います。その時、どうするか?

現状を受け入れるのが困難なとき。やる気を失い、やけになりそうなとき。

既に心が平穏ではないのです。そう。心の中にほこりが、ゴミが、ちらかって…。落書きでぐちゃぐちゃ。真っ黒な油でそこらじゅうべとべと・ぎとぎと。鼻が曲がる様な異臭。煙が充満してなにも見えません。
そんな心からわき出る発想には、ろくなものが無いのです。当然、言動も、そして遂には結果も…。

そんな時、掃除するのです。机の上の整理整頓。雑巾で床をみがく。己の心をみがく様にきれいに。

特に、葛藤すること、つまり私の「我」が強烈に拒む、心の「悪」が嫌がること。公共の場所の掃除。トイレ掃除(トイレ掃除は「素手に近い方法ほど、いいそうですよ)。特に汚いところに果敢に挑みます。

その葛藤を超えて、目の前がきれいになったとき、私の心もすっきりしていることに気づきます。これは本当です。

いつしか、傲慢で自分と違うものは頑として受け入れなかった私が、柔和、謙虚、謙遜に、素直に頭を下げ、素直に認めて受け入れる私にかわっているのです。

すっきり、健全な心には、健全な魂が戻ってきます。神様だって、自由に出入りできます。その神様と語り合う事も問題ありません。

それが不幸への入り口で、幸福の方向へきびすを変えす一瞬ではないかと思います。

今、自殺を考えているあなた。だまされたと思って、台所の床フキやトイレ掃除、やってみましょう。

マイナス思考から抜け出せなくてどんどん気持ちが落ち込んでしまっているあなた、ちょっとだけ、雑巾を持って、近くのもの磨いてみましょう。

そうじ。奥が深いですよ。トイレ掃除してこよっと。


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
最後までご覧頂き、ありがとうございます。
よかったら、以下ワンクリック、お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

posted by いち at 21:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。