2009年09月02日

み旨の道[15] 〜善なることは〜

善なることをなすとき、環境のために失敗しても、それは失敗とならない。必ず、ほかの面において成就されるようになる。
〜み旨の道〜


骨折り損のくたびれもうけ は、無い! という話。

神がいるから、真に善なる動機で、為に生きた事は、その時は、たとえ否定されても、迫害されたとしても、かならず実を結ぶ!神が見ている!
一緒に、共におられる。


☆   ご訪問、感謝申し上げます。
 ☆  よろしければ、以下、ワンクリックご協力お願いします。
  ☆    ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
posted by いち at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | み言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。