2009年08月15日

真の愛

イエス様の愛は、どれほど深い愛なのでしょうか?

イエス様は、世界の過去から未来の全ての人類の罪を背負って、十字架につかれました。罪の無い姿で生まれ、罪を持たぬ身なのに、愛を受けられずに、さげすまれ、あざけられ、疎まれました。無実の罪で、捕まって、鞭打たれ、罵られて、殺人鬼よりも重罪人とされて、最後は十字架刑に処されたのです。
しかし、その十字架にかけたものたちを赦され、神にとりなしていかれるのです。
十字架に付けられると、肺を膨張させるのは、体を起こしてないとできません。疲労と手と足に釘打たれた部分の激痛で、体を支えていられないのです。すると息ができなくなり、体を持ち上げざるを得なくなります。しかし体を支えていることができません。すると呼吸困難に…、本当に絶命するまで苦しみ続けるのだそうです。(参考

イエス様はどれだけ長い間、その状態でいたのでしょうか?

そして、最後に怨み無く、逆に人々の赦しを請いながら、昇天されたイエス様。どれだけの愛なのでしょうか。

その愛の深さよりも、真の愛は深いのでしょうか。

真の父母様である御父母様の愛の深さはどれほどなのでしょうか。


以下は、文亨進世界会長の、悟られた世界から「真の愛」についてかたられています。
本部礼拝 文亨進世界会長 2009年7月19日
「真の愛に従わん」

 http://homepage3.nifty.com/ota-ch/HyunJinNim/HJ_Sekkyo_2009-7-19.html


この道を行くことを決意したときの私と比べて、今の私はどれほど、真の愛を知ったのでしょうか?「真の愛の人」にどれだけちかづいたのでしょうか…。

下を向き、下唇を咬み、悔い改めていきたく思います。

そして、あらたに決意を固め上を向き、精進と、成長を誓います。

そして、真の愛の人になっていくことを再度決意いたします。

posted by いち at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | み言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。