2009年07月30日

父の祈り(文鮮明師の祈祷)[8]

<<前の記事:父の祈り(文鮮明師の祈祷)>>
@希望編(1)
A希望編(2)
B希望編(3)
C心情編(1)
D心情編(2)
E映像版(1)
F心情編(3)



み旨の道を行くのに一瞬たりとも疎かにさせないでください

お父様!
きょうこの時間私たちは
新しい覚醒をしなければなりません。
天宙的なひととtきが
私たちに向かって近づいていることを知らなければならず、
み旨が私たちにひとときを望んでいるということを
知らなければなりません。
み旨の望むことが私たちの一瞬間と連結され、
大きく遠い歴史時代が
教会と因縁づけられるようにしてください。
そのために私たち各自が瞬間を中心として、
自らを生活圏内で天の側に立たせ得る
主体的な立場に立たなければならないということを、
もう一度はっきり悟らせてくださいますことを、
お父様、
懇切にお願い申し上げます。

世界に散らばっている統一教会員たちが
受難の道を行っているのは、
決して滅びるためではなく、
新しい寵児として
あなたの息子・娘となるためであることを知るものです。
罪を脱いで新しく誕生するために、
この道はなくてはならない
必然的な運命の道であることを知っていますので、
感謝の心で消化させて越えていくようにしてください。
そうして、歴史をつかんで明日の希望を成すために
責任を負って立つ
あなたの息子・娘たちとなるようにしてくださいますことを
懇切にお願い申し上げます。
生活全体を天化する運動におきまして、
この時間以後にも
瞬間瞬間が天に侍ることによって
喜ぶ圏内で生活するようにしてください。
そのような生活圏内の一瞬間を中心として、
無限に精誠を尽くすあなたの息子・娘となるとき、
天国はその生活圏内で
自動的に定着するようになるということを知っています。

私たちが十くらいの受難の道を
瞬間瞬間勝利の基準をもって築いていくときには、
九くらいの天地の内容が
宿らなければならないうことを知って、
私たちすべてが生活の勝利圏を備えて、
善なる結実体として
お父様に全部を捧げなければなりません。
私たちの生涯がお父様の誇りとなって、
お父様が忘れることのできない息子・娘となるときには、
天上世界の王子王女となる
特権を受けることができるということを確信させてくださり、
各自の生涯路程を疎かに考える
愚かな息子・娘とならないようにしてくださいますことを
懇切にお願い申し上げます。

あすのために、
きょうの一瞬間にすべての精力を傾けて、
あすを占領できる核をつくるために
無限に努力することのできる
あなたの息子・娘達となるようにしてくださいますことを
懇切にお願い申し上げながら、
すべてを真の父母のみ名によってお祈りいたしました。アーメン。

(一九七〇年五月三一日)
【引用】「父の祈り[8](決断編)」


文先生の一生は神様と共にあったといわれます。

すなわち、祈祷に明け暮れた日々を、今も歩まれていたのでしょう。

文鮮明師の祈祷文を見ると、本当に様々な祈祷を捧げておられます。

「神様との父子の因縁」その一端にでも触れたいと思う今日この頃

です。

★○▼◇●△■◎★○▼◇●△■◎★○▼◇●△■◎★○▼◇●△
ご訪問感謝いたします。
よろしければ、ワンクリック、ご協力お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
posted by いち at 20:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本部教会に「4千人の拉致・監禁はなぜ…

4千人の拉致・監禁はなぜ起きたか『統一教会に反対する人々』

統一教会の本部教会のホームページに(29日付)、本の紹介でしょうか?

4千人の拉致・監禁はなぜ起きたか『統一教会に反対する人々』という

NEWSがUpされました。 (中和新聞からの引用ですが…)

○4千人の拉致・監禁はなぜ起きたか『統一教会に反対する人々』
 http://www.uc-japan.org/news.aspx?id=517

こんなに詳しく、深く突っ込んだ内容(に感じられます)が本部から

公式にでたのは、あまり見たことが無い気がします(私の見識不足が

原因かもしれませんが…)

特に驚いたのは「はじめに」の紹介文のしたについてる「Q&A」です

以下、記事より抜粋。



はじめに

 日本において、統一教会信者に対する棄教目的の拉致監禁事件が多発してきました。最初に監禁事件が起こったのは1966年です。以来、現在までの43年間で、4000人を超える信者が監禁の被害に遭ってきました。
 この拉致監禁の悪質な点は、信者が信仰を棄てるまで監禁から解放しないことです。また、幸いにして監禁から逃れてきても、2度目、3度目と、信者が脱会するまで、何度でも拉致監禁が繰り返されるため、反対牧師らと結託した親族をもつ統一教会信者は、「また、いつ、どこで、拉致監禁されるかしれない」「今度監禁されたら、二度と解放されないのではないか」といった不安を抱え、逃避的生活をせざるを得なくなり、平穏な日常生活を送ることが非常に困難になってしまうのです。
 脱会するまで監禁を継続するというやり方は、日本のキリシタン迫害で用いられた方法です。キリシタンにとって、信仰を全うして殉教することは、ある意味で「信仰者の鏡」として称賛されます。ところが、日本の為政者は、キリシタンが栄光と思う「殉教者の道」を与えませんでした。
 それは、「キリシタンを皆殺しにすることはやさしいことだったが…

Q&A
Q1.統一教会信者に対する脱会説得をしているのは、キリスト教の牧師ですが、長年にわたって、どうしてここまで激しく反対するのでしょうか?

Q2.反統一教会活動には、キリスト教の牧師だけでなく、左翼思想をもつジャーナリストや弁護士なども連携して取り組んでいます。連携する理由は、どこにあるのでしょうか?

Q3.反対派は、統一教会信者が拉致監禁され、脱会説得を受けるという深刻な「人権侵害」を、なぜ長年にわたって黙殺しているのでしょうか?

Q4.日本共産党は、統一教会および国際勝共連合に対し敵意をむき出しにし、目の敵にしていますが、そこに至るまでに、どのような攻防の歴史があったのでしょうか?

Q5.全国霊感商法対策弁護士連絡会(全国弁連)は、1987年から始まった「霊感商法」問題について積極的に取り上げ、統一教会批判を展開しています。この全国弁連が発表する内容を、マスコミは積極的に報道してきましたが、この団体設立の背景について教えてください。

Q6.1987年に始まった、いわゆる「霊感商法」キャンペーンの背景には、「事前工作」とも言うべき元信者の活動があったと聞きました。それはどういうことなのか、説明してください。

Q7.統一教会信者に対する拉致監禁事件は、純粋に「家庭問題」によって引き起こっているものであって、統一教会がいう“強制改宗グループ”など存在していないという主張を聞きました。真相はどうなのでしょうか?

Q8.統一教会側は「拉致・監禁」と言っていますが、実際にはそれは「保護・救出」であって、親族間における「話し合い」に過ぎないという反対派の主張を聞きました。真相はどうなのでしょうか?

Q9.拉致監禁がきっかけで、PTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症し、苦しみ続ける人がいると聞きました。拉致監禁の被害者数に対し、PTSDなどの後遺症で苦しむ人はどのくらいの割合にのぼるのでしょうか?

Q10.キリスト教史の中で、日本におけるキリシタン迫害が最も厳しい迫害であったという話を聞きました。迫害といえば、ローマ帝国でのキリスト教迫害が有名ですが、日本のキリシタン迫害が最も厳しかったと言われる理由を教えてください。

Q11.このように、長く厳しかった日本でのキリシタン迫害が終わったのは、どのような経緯からでしょうか?

Q12.反対父母の会が流した情報が、国会質疑で取り上げられ問題となったことがあると聞きました。また、有田芳生氏も、根拠のない情報をさまざまに流し続けてきたと聞きましたが、具体的にはどのような情報でしょうか?

Q13.元信者は「統一教会にだまされた」と発言することがありますが、何をもって「だまされた」と言うのでしょうか。統一教会は本当に人をだましているのでしょうか?

Q15.統一教会側は“血分け”を否定するが、「堕落論で教えているように、堕落の経路がすべてセックスの関係だったなら、これを回復(復帰)するのは逆のセックスの経路が必要だ。だから“血分け”を間違いなくしているはず」という反対派の批判を聞きました。どう考えたらいいのでしょうか?

Q16.「文鮮明師が1935年4月17日、イエス様から啓示を受けたというのは作り話である。統一教会の出版物も食い違っており、実にいい加減である」という反対派の批判を聞きました。真相はどうなのでしょうか?

Q17.「文鮮明師が、朴正華氏を背負って海を渡っているという写真は、別人で、人違いである。美談を作ってまで人を騙すような人物が、再臨主であるはずがない」という反対派の批判を聞きました。真相はどうなのでしょうか?

Q18.「『原理講論』の聖句引用はデタラメである。このようなものが、真理であるはずがない」という反対派の批判を聞きました。この問題について、どう考えたら良いのでしょうか?

Q19.「真理は不変である。ところが、『原理講論』は削除や付加、書き替えをして、変化している。このようなものが、真理であるはずがない」という反対派の批判を聞きました。どのように考えたら良いのでしょうか?

Q20.棄教目的で親族が行っている拉致監禁事件を、今なお取り締まろうとしない日本は、「信教の自由」の確立されていない国家であると言えますが、欧米諸国において、「信教の自由」が確立していった歴史的背景について教えてください。



この質問の答えが知りたい方、今すぐ!

この本を手に入れるか、本部教会HPへ!
bkimg-touitukyoukainihantai.jpg


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
(◎o◎;)ほォ〜、という方もそうでない方も
よろしければ、↓ワンクリック、お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
posted by いち at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。