2009年07月06日

聖歌のゆかり[2]「帰れわが子よ」

○32番 帰れわが子よ
http://www.uc-japan.org/media/medwin.aspx?id=99&cn=1


@ 
帰れわが子よ とく帰れよや

汝(な)が罪深く いかに重くも

主はすべて許し 受け入れ給(たも)う

主の御心(みこころ)は 限りなく広し


sora0123-001_m.jpg

A
帰れわが子よ とく帰れよや

わが主は日ごと 訪ね求めて

夜ごと戸を開き 心痛めつ

去りし愛(いと)し子を 待ち望み給う



B
帰れわが子よ とく帰れよや

鞭(むち)打たれても わが主の御手(みて)に

打ちし跡(あと)労(いた)わり 慰(なぐさ)め給う

主の懐(ふところ)に とく帰り来たれ



私が好きな歌です。

歌うほど、心にしみこんでくる歌。

「許す!全部許したるっ!」

「どこ行ってん!はよ帰ってこんかい…」

「もうええねん…。ええから…。帰ってきぃ…。」

神様の願いが、心がしみこんでくる…。

一度、と言わず何度でも讃美してみてください。

☆☆ ☆☆
よろしければ、ワンクリック、お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村


おまけ。韓国語の訳をみる…。
posted by いち at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。