2009年05月02日

「他宗教」という事

私の友人に、創価学会に所属している人Aさんと、
日蓮正宗に所属している人Bさんがいる。

日蓮聖人様の教えを日々実践している二人は、相当意識も高いし、
為に生きる心、やなことをいやがらず進んで行なう行動力、
そして情熱・勢いがある、とても イイヤツ なんです。

でも、二人は交わりません。

お互いが相手を、いわば「邪教」扱い。

宗教というのはとかく交わらないこと、多いとされています。
イスラム教とキリスト教。ルーツは同じ「創世記」を用いて
いるそうですが、互いが相手を「認め」づらいようで、
9・11事件の遠因ともなっているようです。

しかし、全ての、それぞれの宗教で一番崇拝している「存在」が
”同一人物”だとしたら…。
その「存在」に心があれば、どう思うのでしょうか?

統一運動の重要なテーマの一つに、「和合統一」があります。
「壁を撤廃する事」です。特に重要なのが、「宗教間の和合」。
いわば、違いを認めつつ、一つになっていく…、といいますか。

統一原理とそれが元になっている活動「統一運動」には、それが
できるのです。

問題があるとしたら、「人」。
私も食口として、もっと理解と歩み寄りが必要です。

まずは、ここで勉強をしようかと…(紹介も兼ねて)

成城教会長の「他宗教への理解
ラベル:和合 統一運動
posted by いち at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。